寒いときの運動本文へスキップ

寒いときの運動 注意点 大阪 淀川区 新大阪

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.06-6395-3366

〒532-0004 大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36

寒いときの運動

大阪(淀川区)の気温は最高気温が11度、最低気温が2度 真冬の気温ですね〜。

例年は1月や2月になるとこのぐらいの気温のイメージ。(私の勝手なイメージです)

黒潮の大蛇行が関係してるんですかね?全く素人考えですが・・・。

寒くなると家の中でゆったりと過ごしたいですが、こんな時こそ外に出て運動をしてみてはいかがでしょうか?

運動をしましょう!子供の時を思い出していただくと、冬になると学校でマラソン大会や縄跳びなどどんどん体を動かしましたよね。

これは理にかなっています。寒いときに運動をすることで、体の内からの血液循環が良くなります。さらに運動を日々続けることで筋肉も発達します。そうすると、熱を作る能力が高まります。つまり代謝の良いからだが手に入るのです。

寒いときに運動をする際に気を付けるべき点は2点あります。
1.体が温まるまでは負荷をかけない
 体が冷えた状態は筋肉が硬くなっています。その為、急に強い負担をかけると肉離れや捻挫の原因になる可能性があります。また、寒い時には血管が収縮しています。その為、全身の血液循環も悪くなっています。このような状態では、血管の梗塞が起こることもありえます。温まるまでは負荷をかけないようにしましょう。
 対策としては、ストレッチをしながら体を温める、ウォーキングなど軽い運動から始める。

汗対策2.汗対策
 寒くても運動をしていると徐々に汗をかきます。その汗を放置していると体が冷えてしまいます。運動中に体が温まった後に、少し休憩しただけで一気に体が冷えてしまう主な原因が汗です。
 対策としては、汗をかいた後はすぐに着替えるようにしましょう。

※日頃運動をしていない方は無理をせずに、ウォーキング程度からのスタートをお勧めします。ケガをしてしまっては元も子もなくなります。

2017年12月7日

information

ロゴ 大阪府大阪市淀川区の東洋医学治療センターです。最寄駅は、新大阪駅で徒歩8分です。当院は厚生労働省認可の治療院で、国家資格所持者による治療を行っております。
 当院は日本で唯一のアメリカ合衆国大統領からの顕彰国連機関のWHFからの顕彰、さらにUniversity of Williamsburgから東洋医学に関する学位を取得した治療院です。

プロの治療によって、安全・安心に体質の改善をサポートします。
西洋医学的な治療では無理と言われあきらめていた方の症状が、東洋医学的な治療によって改善する事も多くあります。
あなたの症状に応じて東洋医学治療や整体療法を使っています。もし不安や、心配なことがあれば遠慮なくお伝えください。
できる限りご要望に応じて、治療を進めてまいります。

一緒に快適な日常生活を取り戻しましょう。

受付時間
10:00〜21:30 /

※日曜診療は8:30〜19:00
・完全予約制
・休診日:水曜日・祝日

【治療に御来院いただいている地域】
大阪府大阪市(淀川区・西淀川区・中央区・北区・東淀川区・港区・福島区・都島区・住吉区・大正区)
大阪府吹田市・大阪府豊中市・大阪府茨木市・大阪府池田市・大阪府高槻市・大阪府東大阪市・大阪府富田林市・大阪府泉佐野市・大阪府箕面市・大阪府羽曳野市・大阪府堺市
兵庫県尼崎市・西宮市・宝塚市・伊丹市・芦屋市・神戸市
奈良県・京都府・岐阜県・和歌山県・岡山県・愛知県・滋賀県・徳島県

相談窓口〒532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36
TEL;06-6395-3366
日曜日も捻挫治療を行っております。
最寄駅は新大阪駅で、新大阪駅から徒歩約8分です。

Toyo-medicine東洋医学治療センター

532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36

TEL 06-6395-3366
mail info@nomuraseikotuin.com
日曜日も急性外傷の捻挫や肉離れなどの治療を行っております。
最寄駅は新大阪駅で、新大阪駅から徒歩約8分です。

相談窓口

ロゴ

手技療法によって自然治癒力を最大限引きだし、根本からの改善をサポートする事をイメージしてます。