ご案内本文へスキップ

内反小趾 大阪 淀川区

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.080-6224-4693

〒532-0004 大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36

内反小趾Varus small toe

内反小趾内反小趾はあまり聞きなれない病気ですが女性に多くみられる病気です。内反小趾とは足の小指が親指側に曲がってしまった状態で外反母趾の反対パターンです。

内反小趾になって病院で診察を受けても外反母趾同様に『様子をみましょう』といわれ、適切な治療やアドバイスを受けられない事もあり、内反小趾に対しての対処法がわからず放置してしまっている方や、諦めてしまっている方も多いようです。また、自己判断で内反小趾の痛みを内反小趾専用サポーターでごまかしている方もいらっしゃいます。内反小趾になった原因を明確にせず『内反小趾』に対しサポーターをして症状をごまかせても、根本的な内反小趾の改善はできません。内反小趾を治す為には、内反小趾になってしまった理由から改善していくことが絶対に必要となります。内反小趾になる原因は靴だけではありません。重心の位置異常や筋力の低下、足の骨格の歪みなどが原因で内反小趾が発症する事もあります。
 当院では、内反小趾・外反母趾の矯正療法・テーピング治療を行っています。
 治療開始の目安は、『小指の付け根が痛い』『靴を脱いだときに足の小指の外側が赤くなっている』が治療開始の目安です。

内反小趾の原因


内反小趾は、一般的に『先の細い靴を履いたから発症した』と考えられがちです。ですが、ほとんどの症例で先の細い靴を履いたから内反小趾になったのでは無いと当院では考えています。
 このページでは、当院が考える内反小趾の原因について御説明いたします。

内反小趾の女性内反小趾は、
 靴の大きさなどに由来する外的要因
 足の筋力や重心の位置などの内的要因
 上記の外的要因・内的要因のどちらかが原因で内反小趾が発症する場合と、両方ともが影響して内反小趾が発症する場合があります。

外的要因

 内反小趾の外的要因としてはやはり、靴が合っていないという事があげられます。特に、ハイヒールは内反小趾発症の外的要因のうち最大の要因と考えられます。このハイヒールは、先が細いというのが大きな原因ではなく、ヒール部分の高さが内反小趾の原因になります。

 ハイヒールを履くと、常につま先立ちをしたような状態になります。この時、足の指の部分にかかる体重は、ヒール部分の高さが3pでご自分の体重の1.3倍4pで1.6倍5pで1.8倍と非常に強く負担がかかってしまいます。この負担に耐えられなくなってしまったときに内反小趾の変形が徐々に始まると考えています。

内的要因

 『ハイヒールをほとんど履かないのに内反小趾になってしまった』、『小学生や中学生の内反小趾』このような方は内的要因が原因と考えられます。

 この内的要因には、歩く事が少なくなり運動不足によって筋力が低下し内反小趾変形が起こってしまうタイプ、リウマチなどの基礎疾患によって発症するタイプがあげられます。また性別でいえば、女性の方が男性の14倍内反小趾の発生率が高いという調査結果もあります。実際に、治療に来院される方の割合を比べると女性が98%になります。

 また、小学生や中学生・高校生などの内反小趾でお困りの方が当院には多く来院しています。その方たちは特にヒールを履いたという経験がない方がほとんどです。

 内反小趾に気が付いたら、早期の治療開始が理想的です。特に重心の位置異常などは自分でも気付いていないうちに癖付いている問題です。早めに無意識の癖を改善するように心がけましょう。

内的要因で特に注意が必要な開張足

足には3つのアーチがあります。
1.かかとから母趾の付け根にかけてのアーチ(内側縦アーチ)
2.かかとから小趾の付け根にかけてのアーチ(外側縦アーチ)
3.母趾の付け根から小趾の付け根にかけてのアーチ(横アーチ)

偏平足は縦アーチがなくなっている状態ですが、開張足はこの中の横アーチがなくなり、足の甲が平らになってしまった状態をいいます。第1〜5中足骨にかけての靱帯の弛緩等が原因と考えられていますが、実際には靭帯の弛緩が起こる前に筋力の低下が起こっていることがほとんどです。
開張足は横アーチを形成する筋肉の筋力低下が初期の要因ですが、これらの筋力が低下するときには縦アーチの筋力低下も同時に起こることがほとんどであるため偏平足を合併する場合がほとんどです。

 本来足の甲は盛り上がりがあるのですが、開張足になるとこの盛り上がり消失します。開張足軽度の場合は、足の甲の平坦化、中度以上になると凹んだ状態になります。そして足の横幅が広くなり、靴の幅がきつく感じるようになります。

開張足が原因で起こる様々な問題

開張足だけで足の機能に問題を行ることはありませんが、開張足は足の変形や身体の歪みを引き起こす要因となります。その結果、機能上の問題が現れるようになります。

開張足の初期症状

〇足の疲れやすい
〇つまずきやすい
〇足裏の第2指と第3指(人差し指と中指)の付け根当たりの皮膚が硬くなる

内反小趾治療

 内反小趾の治療には、手術・装具・骨格矯正・テーピング・運動療法(理学療法)があります。

 これらの治療法を決める上で大切なことは、内反小趾の程度や状態を正確に把握する事です。その為には、内反小趾の状態を専門家に判断してもらう必要があります。内反小趾の程度が軽度から中等度の場合は内反小趾矯正・テーピング療法・運動療法・インソール(靴の中敷き)挿入などの治療で改善が期待できます

 内反小趾は、体重の掛かり方のバランスの悪さ足の筋肉が弱くなってしまう事が原因で起こることがほとんどです。

 当院では、内反小趾に対して内反小趾矯正で骨格のバランス矯正を行った後、テーピング療法と運動療法による筋力強化を行っています。内反小趾のテーピングは内反小趾を矯正する目的と体重の掛かる位置を変えることにあります。内反小趾矯正など”矯正”という言葉がつくと”痛い”というイメージがありますが、当院が行っている内反小趾矯正には痛みはありません。ご安心ください。

内反小趾矯正治療とは?

アクティベーター療法 内反小趾矯正療法とは、足の足根骨と呼ばれる足首から足の指までの骨の配列を正常に矯正し、内反小趾変形の改善・重心の位置の改善を目指す治療法です。
 内反矯正の骨格矯正後に、矯正後の正常な骨格の位置を保つ・足りない筋肉の補助・重心位置の矯正を目的にテーピング治療を行います。

 これらの治療法は、治療中の痛みや副作用のない安全な治療法です。

当院での内反小趾治療はこのような方にお勧めです。

・内反小趾の変形が軽度から中度の方
・痛みがあり歩きにくい方
・立ち仕事で足を酷使する方
・手術を受けたくない方

当院で内反小趾治療を受けるメリット

『内反小趾の治療をどこで受けたらいいのかわからない』
『東洋医学治療センターで治療を受けるメリットは?』と思われている方も多いと思います。
このページでは当院で内反小趾治療を受けるメリットをご紹介いたします。

.内反小趾になってしまった原因がわかります。
 内反小趾・外反母趾になってしまった原因やパターンを、重心の位置・筋肉のバランス・骨格のゆがみなどを分析することで把握しわかりやすく説明します。あなた自身のパターンを理解することによって、有効な治療法や無意味な治療法をあなた自身が判断できるようになります。

.最新の内反小趾治療
 大阪でトップクラスの豊富な内反小趾治療の経験と共に、常に検証しより効果的な方法を考慮しながら臨床に役立てていますその為、常に効果的な最新の治療法を受けられます。

.アフターフォローが充実
 効果の維持と再発を防ぐため、一人一人にあった体操やトレーニングを指導しています。

.国家資格所持者による内反小趾治療
 骨格の構造や運動障害などの基本的な知識を有した医療系国家資格所持者による内反小趾・外反母趾治療を行っています。「そんなの当り前では?」と思われる方もいらっしゃると思いますが、恥ずかしながら無資格で治療に類似する行為を行っている人がいるのが現状です。

.全身のバランスを考慮した内反小趾治療
 内反小趾は形を改善するだけでは、内反小趾が再発してしまいます。当院では、重心のバランスを改善し、内反小趾が再発しないように治療を行います。

.内反小趾治療に痛みはほとんどありません。
 当院で行っている内反小趾治療はソフトな力で矯正を行います。その為、矯正に痛みはほとんどありません。

.内反小趾矯正を行うことのできる数少ない治療院です。
 内反小趾はテーピングで引っ張って形を整えたからといって改善できるものではありません。その理由は、内反小趾が発症する原因にあります。当院では、骨格の矯正を行う事で内反小趾の根本的原因からの改善を目指します。

.世界に認められた実力
2012年8月 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLD AWARD

2015年7月 国連機関WHF(World Human Facility Community)から鍼灸スペシャリスト認定

.日曜診療
仕事に忙しくてなかなか治療を受ける事が出来ない方でも安心です。

10.安心の指名制
施術の担当者を指名できます。ご希望がございましたらご予約の際にご指名ください。

【内反小趾治療料金】
片足  2160円
両足  4320円
※初診時には、初診料が別途2160円必要です。

内反小趾治療お喜びの声

30歳代 女性  原 陽子さん  大阪府大阪市在住
約8年はきつづけていたハイヒールの疲れが一気に出たのか、急に左足の親指の付け根が痛くなり、ヒールで歩けない状態に・・・。知人に相談したところ『外反母趾』だとの事。HPでいろいろ調べると怖い情報もあり、不安ながらも野村鍼灸整骨院に来院したところ、皆さんすごく明るくていねいに接して下さり、治療も分かりやすく説明してもらえて、一気に不安がなくなりました!!

テーピングだけで、帰りの徒歩はほぼ痛みなく歩けました!すごいです!!

40代 女性   匿名希望さん   兵庫県神戸市在住
今まで、テーピングの治療を受けに近所の整骨院に通っていました。ですが、テーピング治療では全然変化が出なかったので野村鍼灸整骨院にきてみました。そしたら、テーピングの違いにびっくりしました。今まではテーピングをしてもらったら親指と小指が引っ張られるような感じだけでした。ここで貼ってもらったテーピングは、指を引っ張るような感じはなく立ってみたら、体のバランスが変わっていることが分かりました。治療を始めてもらって4カ月がたち、痛みは完全になくなり変形もだいぶ元の状態に戻ってきました。きれいな形になるまで治療を受けようと思います。よろしくお願いします。



お喜びの声をいただきありがとうございました。

Toyo-medicine東洋医学治療センター

532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36

TEL 080-6224-4693
mail toyo_medicine@ezweb.ne.jp
日曜日も内反小趾の治療を行っております。
最寄駅は新大阪駅で、新大阪駅から徒歩約8分です。

相談窓口

ロゴ

手技療法によって自然治癒力を最大限引きだし、根本からの改善をサポートする事をイメージしてます。