三叉神経痛治療本文へスキップ

三叉神経痛 淀川区 新大阪

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.080-6224-4693

〒532-0004 大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36

三叉神経痛

顕彰を受賞
東洋医学治療センター

三叉神経痛 三叉神経痛は三叉神経の支配領域である顔に神経痛が現れる疾患で、両側の三叉神経に病変が起こることはほとんどなく片側が激しく痛む事がほとんどです。三叉神経痛の痛みは、ナイフでえぐられるような痛み、焼けるような痛み、電気が走るような痛みと表現され非常に強い痛みが特徴です。痛みは、常に続くものではなく会話や食事、手が当たった時など外部刺激に誘発され発作的に引き起こされるものが多く、その痛みも長時間続くことは少なく数秒〜数分以内に治まります。

 三叉神経痛の初期には、三叉神経支配領域の部分的に鈍痛やツッパリ感を感じる程度です。ですが三叉神経痛が進行するにしたがって激痛が走るようになり、食事や睡眠、会話など日常生活が制限されるようになったり、少しの刺激で激痛が引き起こされるようになります。

 現在、西洋医学では三叉神経痛に対してテグレトールの投薬治療や局所麻酔(ペインクリニック)が行われることがほとんどです。投薬治療によって三叉神経痛が改善している場合にはその方法を続けることで徐々に改善することも考えられます。ですが、”薬の量が徐々に増えてきている”、”薬を飲んでも効果が見られない”場合には違う方法を試すことをお薦めします。当院では三叉神経痛に対して、東洋医学的鍼灸治療、磁気刺激療法を行っています。三叉神経痛の症状でお困りの方、一度東洋医学的な治療を試してみませんか?

原因

 三叉神経痛は様々な原因によって引き起こされる疾患です。

特発性三叉神経痛

 特発性三叉神経痛は、以前は原因不明の痛みと言われてきました。しかし最近では、少しずつではありますが原因が見つかっているものもあります。特発性三叉神経痛は脳(頭蓋骨内)での圧迫が起こしていることもあり、何が原因となっているかはまず初めにしっかりと調べてください。激しい痛みが出てきた場合には、MRIで脳内での圧迫がないかをまず確認することが必要です。この時に脳内での圧迫が確認された場合には、そちらの治療が最優先となり当院での治療対象外です。脳内での問題なのか、末梢での問題なのかを明確に診ていただきましょう。

 三叉神経痛によって起こる痛みは非常に強いのが特徴です。痛みの継続時間としては、5〜10秒で終わることが多く痛みが長く続いても30秒未満であることがほとんどです。この痛みが何分も継続して起こることはほとんどありません。

三叉神経痛では痛みはいろいろな動作で誘発されます。洗顔、お化粧、ひげそりなどで顔に痛みが走ります。食事の際の咀嚼(ものをかむ動作)で誘発されることもあります。つめたい水をのむと痛みが走ることもあります。痛みで歯磨きができないこともあります。触ると痛みを誘発されるポイントがあり、鼻の横などを触ると顔面にぴっと痛みが走るという場合は三叉神経痛の可能性が高いです。 季節によって痛みが変動するのも特徴で、11月や2月に痛みがひどくなる方が多いです。

続発性三叉神経痛

 続発性三叉神経痛とは、けがや歯科治療後の炎症など何らかの問題が起こった後に後遺症として三叉神経痛が起こっている状態です。
 原因として多いのは、顎関節症、帯状疱疹、血管による圧迫、脳腫瘍、ストレートネックなどがあります。

顎関節症による三叉神経痛
 顎関節の歪みによって三叉神経が圧迫され三叉神経痛が発症していることがあります。この場合、三叉神経の第3枝である下顎神経に痛みが起こります。第3枝(下顎神経)の部分は一番使われる頻度が多いため、第1枝や第2枝(上顎神経)に比べると発症しやすくなるとも言われています。
また顎関節症が原因で三叉神経痛が起こった時には、初期は痛みが軽く違和感程度であることが多く、徐々に痛みが強まってくることが多くあります。

帯状疱疹による三叉神経痛
 帯状疱疹ウィルスが神経節に潜伏感染し引き起こされる三叉神経痛です。症状は特に額から顔面にかけての激痛がみられ、三叉神経の走行と一致して皮膚に水胞がみられることがあります。また、口角炎や角膜炎などの症状がみられることもあります。帯状疱疹後神経痛は、三叉神経第2枝の上顎神経に症状が現れる事が多くあります。

帯状疱疹による三叉神経痛であれば、原因は明確と思われます。しかし、それ以外の原因不明の三叉神経痛を考えると、原因として顎関節症が最も多いのではないか?と当院では考えています。

三叉神経痛の症状

三叉神経痛の代表的な症状のご紹介です。全ての三叉神経痛が、以下で紹介しているようなパターンとは限りません。

三叉神経痛による痛み

 三叉神経痛によって起こる痛みは非常に強いのが特徴です。痛みの継続時間としては、5〜10秒で終わることが多く長く続いても30秒未満であることがほとんどです。三叉神経痛の場合には、この痛みが何分も継続して起こることはほとんどありません。

 痛みの種類としては、ナイフでえぐられるような痛み、焼けるような痛み、電気が走るような痛みと表現されます。この表現からわかるように、強い痛みが特徴です。ただ、初期の場合には鈍い痛みなどから始まることもあります。

 三叉神経痛では痛みはいろいろな動作で誘発されます。洗顔やお化粧、ひげそりなどで顔に痛みが走ります。咀嚼(ものをかむ動作)に誘発されることもあり、食事や会話などでも痛みが誘発されます。また、笑った時などの動きでも痛みが走ることがあります。つめたい水をのむと痛みが走ることもあります。痛みで歯磨きができないこともあります。触ると痛みを誘発されるポイントがあり、鼻の横などを触ると、顔面にぴっと痛みが走る、という場合は三叉神経痛の可能性が高いです。 季節によって痛みが変動するのも特徴で、11月や2月の寒い時期に痛みがひどくなる方が多いようです。

 数分以上継続する鈍い痛みや、目の奥(眼窩部)の痛み、えら部分(下顎角)部分のだるい痛みなどを三叉神経痛と勘違いされることもありますが、これらの場合には別の原因で痛みが現れていることがほとんどです。

三叉神経痛によって起こる痛みの部位

三叉神経痛による痛みの範囲 三叉神経には三つの枝があります。右のイラストをご覧ください。 最初の枝が1番上の眼から額部分を支配しています。この神経を眼神経と呼びます。2番目の枝を上顎神経と呼び口から眼までの領域を支配します。3番目の枝を下顎神経と呼びます。唇から下あごを支配しています。

 三叉神経痛の場合、各三叉神経の枝の走行にのみ痛みがおこるのが特徴で、それ以外の場所には痛みは起きません。

 三叉神経痛は基本的に、1つの枝に起こることがほとんどですが、2つの枝に起こることもまれにあります。そのようなときには、第1枝と第2枝、第2枝と第3枝とつながって痛みが起こります。第1枝と第3枝に三叉神経痛が起こるということはありません。
 痛みが起こりやすい場所としては、1番多い場所が第3枝(下顎神経)、次に多いのが第2枝(上顎神経)です。これらはMRIなどの検査で頭蓋骨内で直接圧迫されているのが見つからないような場合には、顎関節症が関与している可能性が非常に高いパターンと言えます。

その他の合併症

 三叉神経痛に顎関節症や耳の痛み、耳の閉塞感、首こり、肩こりが合併する事があります。これらの合併症は三叉神経痛の症状というよりは、三叉神経痛の痛みに耐えるストレスや無駄に力が入ってしまう事によって起こる反応で、さらなる痛みの悪化原因にもつながる可能性もあります。

三叉神経痛治療に当院を選ぶメリット

.三叉神経痛の状態がわかります。
 三叉神経痛になってしまった原因やパターンを分析しわかりやすく説明します。あなた自身の三叉神経痛のパターンを理解することによって、有効な治療法や無意味な治療法をあなた自身が判断できるようになります。

.最新の治療法
 当院は日本でトップクラスの治療の経験を持ちます。これまでの経験からの考察し最新のより良い効果的な治療を受ける事ができます。軽度の症状であればマニュアル的な方法で改善することが可能です。ですが、慢性化している症状や中等度以上の症状の場合にはあなたの身体の状態にあった治療を行うことが改善のためには必要です。例えばマッサージ。○○式等とついていても、身体の外部から刺激を加える圧力が違ったり施術者の手や足など行う場所が違うだけのことがほとんどで結果はどのマッサージと同じです。マッサージは肉体疲労の改善には役立つかもしれませんが三叉神経痛の改善目的では無効と考えられています。

.アフターフォローが充実
 MRIの検査で頭蓋骨内に問題が見つからない三叉神経痛の場合、頭蓋骨外の組織によって三叉神経が圧迫されることで三叉神経痛が発症していることがほとんどです。当院では、圧迫している可能性が高い場所を特定し、最も有効な日常のケアをお伝えします。それによって、三叉神経痛の早期改善、治療効果の維持と三叉神経痛の再発防止を目指します。

.全て国家資格所持者
 骨格の構造や運動障害などの基本的な知識を有した医療系国家資格所持者による三叉神経痛治療を行っています。「そんなの当り前では?」と思われる方もいらっしゃると思いますが、恥ずかしながら無資格で治療に類似する行為を行っている人がいるのが現状です。

世界に認められた実力
2012年8月 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLD AWARD

2015年7月 国連機関WHF(World Human Facility Community)から鍼灸スペシャリスト認定

三叉神経痛の鍼灸治療

 東洋医学治療センターでは、鍼灸治療を中心とした治療法で三叉神経痛の治療を行っています。三叉神経痛の発症原因や発症から長期間経過しているような場合には顎関節矯正法、自律神経免疫療法、上部頸椎矯正などの治療を行うこともあります。全て安全性の高い治療法です。ご安心ください。
使用する鍼は太さが0.2o前後の髪の毛ぐらいの鍼を使用します。また、全て日本製の使い捨ての鍼を使用しています。ご安心ください。

 当院の治療による適応

 三叉神経痛の多くは特発性の神経痛で、特に原因なく発症する神経痛です。一部の三叉神経痛は、脳幹部に腫瘍が見つかったり動脈瘤が見つかる事があります。そのような場合は当院での治療適応外となります。そのため、ご来院の前にはMRIなどの検査を受けて脳に問題がないかどうかを確認してください。もし見つかった場合には、ただちに発見された疾患に対する適切な治療を受けるようにしてください。
帯状疱疹の後遺症として三叉神経痛が起こることがあります。 このような場合には、当院での治療の適応となります。

当院での治療はこのような方にお勧めです。
MRIなどの検査を受けたが脳に問題もなく、特に原因が見つからなかった三叉神経痛
・帯状疱疹後の三叉神経痛
・会話や食事などの動きによって痛みの強まる三叉神経痛
・えぐられるような痛み、刺されるような痛み、切れるような痛みなどの鋭い痛みの三叉神経痛

 三叉神経痛の治療

 三叉神経痛は症状の持続時間は比較的短いですが非常に強い痛みが伴う神経痛です。その為、当院では三叉神経痛の痛みを軽減することを第一に行います。鍼灸治療の特性として、痛みを軽減させる能力が高いことがあげられます。この特性を生かし、三叉神経痛の痛みを和らげます。その後、症状が軽減した後に三叉神経痛が起こらないように身体全体のバランスを改善します。

【三叉神経痛の鍼灸治療の流れ】
三叉神経痛の鍼灸治療ってどんな事をするんだろ?
どんな手順でするんだろ?って不安ですよね。
初めて三叉神経痛の鍼灸治療をお受けになる前に、安心して鍼灸治療が受けられるように基本的な流れを記載します。

(1)問診票の記入

三叉神経痛に関する問診(2)カウンセリング
三叉神経痛の症状について問診票をもとにお尋ねします。
 『三叉神経痛の症状の中で、何が一番つらいですか?』
 『どんな時に、三叉神経痛の痛みが増しますか?』
 『三叉神経痛の原因は分かりますか?』
 『どのような痛みがありますか?』
 『御希望の治療はありますか?』などをご質問させていただきます。
 治療院が初めての方、質問・不安のある方は気軽にご相談下さい。

(3)骨格・筋肉の状態チェック
 三叉神経痛を引き起こす可能性のある関節、例えば顎関節や頚椎(首部分にある背骨)の動き、姿勢の状態、顔面部、側頭部、首の筋肉のバランスをチェックしていきます。

(4)三叉神経周囲の筋肉の状態をチェック 
 三叉神経が表面に出てくる部分や走行部分の筋肉が硬くなることによって三叉神経が圧迫されてしまう可能性があります。そのため、三叉神経周囲の筋肉の状態をチェックします。

説明(5)診察と治療方針の決定
カウンセリングと東洋医学的診断、筋肉や骨格の状況をチェックした結果によって得られた情報をもとに、今現在の三叉神経を圧迫している可能性のある場所の説明します。そのあとに、症状改善に最も有効と考えられる治療法を決定します。
この時治療法について分からない事があればご質問ください。専門用語を使わずわかりやすく説明いたします。


鍼灸治療(6)東洋医学的鍼灸治療
 これまでのカウンセリングや東洋医学的診断をもとに治療計画を立て鍼灸治療を行います。
 鍼灸治療というと、”痛い”イメージがあると思います。
当院で使用する鍼は、0.2o前後の髪の毛ぐらいの太さの鍼を使用します。その為、鍼灸治療に痛みはほとんどありません。
また、使用する鍼は全て日本製の使い捨ての鍼を使用します。ご安心下さい。
三叉神経痛の鍼灸治療は、WHO(世界保健機構)認定の鍼灸治療適応症です。つまり、世界が認める鍼灸治療の適応疾患という事です。

(7)治療後の説明
 三叉神経痛の鍼灸治療後に、治療効果の測定のため痛みの状態をもう一度お伺いします。症状の軽減には平均で3〜5回の治療必要となります。その為、1回目の治療によって痛みが軽減していなくても問題はありません。ご安心ください。
 その後、日常生活の注意点や生活習慣について一人一人の症状に合わせて説明いたします。

症状が改善する流れ

 三叉神経痛の症状が一方向で改善することはほとんどなく、症状の軽減と悪化を繰り返しながら最終的に改善することが多いです。症状が改善するまでの状況把握として利用するのが、三叉神経痛の症状が現れた時のピークの強さと症状が現れる頻度を比較します。
 1.痛みのピークが弱まる
 2.痛みが現れる頻度が下がる(少なくなる)

三叉神経痛が発症してからの期間や症状の強さ、治療方法によって一概には言えませんが、症状の軽減と悪化を3〜5回繰り返したころに症状が改善する症例が多いです。

三叉神経痛治療料金

内容 料金
初診料 2160円
東洋医学治療 5400円

※初診料は、初診時のみ必要となります。
※当院での治療は、基本的には東洋医学に基づいた鍼灸治療となります。
※状況によっては、東洋医学治療の他、整体療法や自律神経免疫療法を行う事もあります。その場合も治療料金は同じ5400円です。

Toyo-medicine東洋医学治療センター

532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36

TEL 080-6224-4693
mail toyo_medicine@ezweb.ne.jp
日曜日も三叉神経痛の鍼灸治療を行っております。
最寄駅は新大阪駅で、新大阪駅から徒歩約8分です。