2012年8月 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLDAWARD

2015年7月 国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定

世界に認められた実力で症状改善をサポートいたします!

腱鞘炎の治療

腱鞘炎治療TOP

腱鞘炎治療は大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターにお任せください!

腱鞘炎

 手を使う職業の方や、キーパンチャー、子育て中の方、主婦の方に発生しやすい腱鞘炎・・・。

 腱鞘炎は手を使い過ぎることで起こる疾患で、手を使わなければかなりの確率で改善していきます。ですが日常生活の中でほとんどの方は、仕事や家事などで手を使う事が多く手首を完全に休めるということはほぼ不可能と言えます。その為、一度腱鞘炎になってしまうと自然と改善する事が難しいのです。もちろん軽度の腱鞘炎の場合には改善することもあります。ですが、痛みが我慢できない、または痛みが長期間続くような場合には軽度ということはできません。

 腱鞘炎で悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。このような方々の中には、しっかりとした治療を受けることができている方や、マッサージを受ける、シップを貼る等の一時的な対症療法、または治療せずに我慢されている方など様々です。腱鞘炎は、症状の度合いにもよって異なりますがきっちりとした治療を受けなければ慢性化してしまう可能性もあります。慢性化すると、改善しては痛みがでるの繰り返しになってしまいます。

 腱鞘炎になってしまったら、なるべく早く治療を受けるようにしましょう。当院では腱鞘炎の鍼灸治療・整体療法・テーピング療法を行っております。 腱鞘炎のテーピングやストレッチ法などをページ下部でご紹介しております。参考にしてください。

腱鞘炎とは?

 腱鞘炎の原因

 腱鞘炎が発症する理由には外的要因と内的要因があります。そして、外的要因・内的要因どちらかだけでも腱鞘炎が発症することもありますが、両方の原因が合わさっていることが多くあります。

外的要因

デスクワーク

 腱鞘炎の外的要因は使い過ぎです。特に日常生活や仕事で同じ動作の繰り返しがある場合には要注意です。同じ動作を繰り返すことによって、一定の筋肉に疲労が溜まってしまいます。筋肉は疲労がたまる事によって硬くなり、特定の筋肉の腱が手首の関節部分と摩擦を起こして腱鞘炎が発症します。

 特に、手首の角度が腱鞘炎の発症に大きく影響します。

内的要因

 内的要因として、筋力低下・関節可動域の減少・血液循環不良・糖尿病・妊娠・出産後などが影響すると考えられています。 腱鞘炎の内的要因として特に多いのが筋力低下です。筋力が弱くなると、使われる筋肉は少量の筋肉を酷使するしかなくなってしまいます。そうすると、その少量の筋肉には無理がかかるため疲労が溜まりやすく、外的要因と同様に筋肉が硬くなり腱鞘炎が発症してしまいます。これが筋力低下によって起こる原因です。

 次に多いのが血液循環不良です。血液の大切な役割に、組織に栄養を運ぶという働きがあります。血液循環不良が起こると、筋肉に豊富な栄養を送る事が出来ないため、筋肉自身の栄養不良から筋肉が弱体化します。筋肉が弱くなってしまうと、筋肉は硬くなる傾向があります。硬くなると柔軟性がないため周囲の組織と摩擦が起こります。また、筋肉内に老廃物が溜まります。これが血液循環不良によっておこる原因です。

 糖尿病は血液循環の不良を起こしやすい疾患ですので、腱鞘炎のリスクが高まると考えられます。

 腱鞘炎は手首の関節部に起こりますが、親指の動きや肘の関節の動きなど上下の関節可動域が狭くなることによって腱鞘炎が引き起こされている例もあります。このような関節可動域の減少によって発症している腱鞘炎には整体療法が最適であると考えております。

 妊娠中に起こる原因については、はっきりとわかっていない状態です。ですが、母体の血液の栄養素が胎児に取られてしまうのが原因ではないかと考えています。特に、血液中のミネラルが減少してしまうと起こりやすいと考えています。

腱鞘炎治療方針

 腱鞘炎 当院では、『腱鞘炎の原因から徹底改善』をモットーに治療を行っています。腱鞘炎の原因を解剖学・運動学・生理学・東洋医学など、いろいろな方向からみて原因をみつけ、あなたの体に合った最適で安全性の高い治療を行います。

 痛みや不調を感じていても、『これぐらいは我慢できる』『ほっとけばよくなる』と思っている方も多いのではないでしょうか?特に腱鞘炎の場合では、日常生活の中でどうしても使ってしまう手に多く発症する疾患になります。使う頻度が多いため我慢しながら生活を送ると、症状の悪化や治療開始が遅れるため不調の原因となっている場所はどんどん広がってしまいます。また、進行した状態では改善にかかる時間も、初期に比べると必要になります。1日でも早く治療を開始する事をお勧めします。

当院は、『治りたい』という方を優先的に全力で治療しています。

当院での腱鞘炎治療

鍼

 腱鞘炎の治療は、骨格矯正・テーピング療法・鍼灸治療・運動療法の治療法をあなたの腱鞘炎の状況に合わせて選択し行います。

●軽度から中等度:整体療法・テーピング療法・運動療法

●中等度から重度:鍼灸治療・テーピング治療

●腱鞘炎の予防 :テーピング療法と運動療法

を行っております。

『このような治療が受けたい』というようなご希望がある場合にはご相談ください。対応可能であれば、ご希望の治療方法にそって治療を行います。

 腱鞘炎の主な原因は、『使い過ぎ』、『使い方の異常』、『屈筋と伸筋のバランス異常』、『関節運動の異常』の4つのパターンで起こります。

 腱鞘炎の治療で最も重要な事は早期の痛みの解消です。ですがこれだけではありません。腱鞘炎になる方は、腱鞘炎を繰り返してしまう傾向があります。当院では、慢性腱鞘炎に移行したり、腱鞘炎を繰り返す事がないよう再発防止も治療の目的としおります。

腱鞘炎治療の目的

・痛みの解消

 腱鞘炎治療の1番の目的は痛みの解消です。腱鞘炎の痛みの解消の為に、症状にあった治療を行うことが大切です。腱鞘炎治療の場合には、発症初期と中期、慢性期の3期に分けそれぞれの時期に合わせた治療を行います。この方法によって、腱鞘炎が慢性化せずに治癒できると考えています。

・筋肉バランスの是正

 腱鞘炎の発症は、使い過ぎによる事がほとんどです。この使い過ぎによる発症の場合、前腕部の筋肉の屈筋及び伸筋のバランスが崩れている事が考えられます。

 筋肉バランスの改善を目的に、前腕部の筋肉に必要な正しいストレッチ法をセルフケアとして日常的に行っていただきます。その他、テーピングを使って筋肉のサポートを行うこともあります。

・再発防止

 腱鞘炎は一度発症すると再発を繰り返すことの多い疾患です。手首はどうしても日常の中で使うことの多い場所でもあるため、再発しやすい傾向にあります。ですが、腱鞘炎を分析していくと再発を繰り返す方には手の使い方に特徴があります。この腱鞘炎を起こしやすい手の使い方を是正することで腱鞘炎の再発の可能性を低下させることができると考えております。

治療して痛みは治まったが、その後また再発・・・このような繰り返しをする前に、正しい動かし方を運動学習することで再発を防ぎます。

東洋医学治療センターでは、現在の痛みだけをとるのではく、慢性化・再発防止を考え治療を行います。

【腱鞘炎治療の流れ】

「腱鞘炎の治療ってどんな事をするんだろ?」 「どんな手順でするんだろ?」って不安ですよね。 初めて治療をお受けになる前に、安心して治療が受けられるように、基本的な流れを記載します。

1.問診票に現在の状況を記入

 まず、問診票をご記入していただきます。

 問診票には、お分かりになる範囲でできるだけ詳しくご記入ください。正確な情報をい ただければ、その分改善までの期間は早まります。

 問診票のご記入で分かりにくい場所がありましたら、お気軽にスタッフまでお申し出ください。わかりやすくご説明いたします。

※初診時にはご予約いただいた時間の10分前(問診票のご記入にかかる時間)までにご来院ください。

 

2.カウンセリング

 記入していただいた問診票をもとにカウンセリングを行います。

 『どの辺りに痛みがありますか?』

 『どうしたら痛みが強まりますか?』

 『手にしびれはありますか?』

 『いつから痛みがありますか?』

 『腱鞘炎の対策は何かされていますか?』

 等、治療に必要な事を明確にして治療の計画を立てます。

 

3.腱鞘炎のチェック

 手首の腫れや動き、筋肉のバランスチェックを行います。

 腱鞘炎の鑑別診断に必要な検査や、前腕部の筋肉の状態、手首の関節の動きなどをチェックします。

 検査法:フィンケルシュタインテストなど

 

4.説明

 カウンセリングと動きのチェックをもとに施術内容をていねいに分かりやすく説明いたします。施術方法などわからない事があれば何でも相談・質問してください。専門用語を使わずわかりやすく説明いたします。

 

5.治療

 腱鞘炎に対して鍼灸治療や整体療法、テーピング療法を行います。治療法の決定は腱鞘炎の痛みの状態や発症からの経過時間等を考慮して決定いたします。

受けたい治療法がある場合にはお気軽にお申し出ください。腱鞘炎の状況に対応できるような場合には対応いたします。

 腱鞘炎治療はソフトな方法で治療を行います。ご安心ください。

 

6.腱鞘炎治療後の効果測定

 腱鞘炎治療を行った後に、治療前と比べて動きや痛みの変化を効果測定します。

 

7.腱鞘炎治療後の説明とアドバイス

 今後の治療方針などの説明をいたします。腱鞘炎治療後の状態を説明し、日常生活での注意事項、生活習慣、エクササイズ等のアドバイスをいたします。最後にわからないことや聞いておきたいことなどございましたら、相談・質問してください。

腱鞘炎治療料金

 整体療法

 整体療法では、前腕部の筋肉のバランスを改善し筋肉を正常な状態に回復させます。特に、腱鞘炎の原因となる前腕部の伸筋群のバランスを改善し、腱鞘炎の痛みの改善を目指します。

 軽度~中度の腱鞘炎の方にお勧めの治療法です。

  施術費   3240円~4320円

 

鍼灸治療

鍼治療

 鍼灸治療では、東洋医学的な考え方を基本とし症状に合わせて治療を行います。筋肉を緩める効果が高い治療法のため、痛みが強い方にお勧めの治療法です。

 慢性的に腱鞘炎でお困りの方や手を使いながら腱鞘炎の治療を受けなければならないような方にも鍼灸治療がお勧めです。

 鍼灸治療に使用する鍼は、0.2ミリ前後の髪の毛ぐらいの太さの鍼を使用します。また、全て日本製の使い捨ての鍼を使用しています。 腱鞘炎の状況に合わせて、東洋医学的鍼灸治療・電気鍼・トリガーポイントの中で最適な方法を選択して治療を行います。症状に合わせて行いますのでご安心ください。

施術費   3240円~5400円

 

 腱鞘炎のテーピング療法

 テーピング治療は、整体療法・鍼灸治療の両方ともに組み合わせながら行うことがあります。これによって、治療効果をより長く維持するとともに症状の悪化防止を目指します。 手を良く使うお仕事の方は腱鞘炎の予防としても最適です。

 痛みが強い場合や担当のスタッフが必要と考えた場合には、テーピングを行うことがあります。皮膚がかぶれやすい方や弱い方は事前にお申し付けください。

  施術費   540円~860円

※初診時には初診料が別途2160円必要です。

※院長希望の場合には別途1080円必要になります。ご希望の場合、ご予約の際お申し出ください。

※どの治療法がいいか分からない場合はご相談ください。担当スタッフが症状に合わせた最適な治療方法をご提案いたします。

 

 腱鞘炎治療に当院を選ぶメリット

 腱鞘炎の治療を受けようと考えてもまずどこに行けばいいのか悩まれることが多いです。『腱鞘炎の治療をどこで受けたらいいのかわからない』、『東洋医学治療センターで治療を受けるメリットは?』と思われている方も多いと思います。そこで当院を選択するメリットを御紹介いたします。

1.腱鞘炎の状態がわかります。

 腱鞘炎になってしまった原因やパターンをわかりやすく説明します。あなた自身の腱鞘炎のパターンを理解することによって、有効な治療法や無意味な治療法をあなた自身が判断できるようになります。

 

2.アフターフォローが充実

 腱鞘炎の状況によって冷やす、温める、ストレッチを行う、安静を保つなど相対する対処法が必要になります。腱鞘炎の状況を正確に把握し、治療効果の維持と腱鞘炎の再発を防ぐため、一人一人にあった日常のケアや体操、トレーニングを提案いたします。慢性的な腱鞘炎や重度の腱鞘炎の場合には特に重要となります。

 

3.高度な治療技術を提供

2012年8月21日  アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLD AWARD

 

2015年7月 国連機関のWHF(World Human Facilty Community)から鍼灸スペシャリスト認定

当院は治療に絶対的な自信を持っております。腱鞘炎治療はお任せください!

information

 大阪府大阪市淀川区の東洋医学治療センター(野村鍼灸整骨院併設)です。最寄駅は、新大阪駅で徒歩8分です。当院は厚生労働省認可の治療院で、鍼師・灸師・柔道整復師の国家資格所持者による治療を行っております。
 当院は日本で唯一のアメリカ合衆国大統領からGOLD AWARD、国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定、さらにUniversity of Williamsburgから東洋医学に関する学位を取得した治療院です。

 プロの治療によって、安全・安心に腱鞘炎の改善をサポートします。
西洋医学的な治療では無理と言われあきらめていた方の症状が、東洋医学的な治療によって改善する事も多くあります。
あなたの症状に応じて東洋医学治療や整体療法を使っています。もし不安や、心配なことがあれば遠慮なくお伝えください。
できる限りご要望に応じて、治療を進めてまいります。

一緒に快適な日常生活を取り戻しましょう。

ご予約はお電話で承っております。

TEL:080-6224-4693

お電話をお待ちしております。

 世界に認められた実力で腱鞘炎の症状改善をサポートいたします。