2012年8月 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLDAWARD

2015年7月 国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定

世界に認められた実力で症状改善をサポートいたします!

緊張性頭痛の治療/大阪市淀川区の東洋医学治療センター

緊張性頭痛治療TOP

緊張性頭痛治療

 緊張性頭痛 日本の頭痛人口は約3000万人ともいわれ、人口の4人に1人は頭痛で悩まされています。その中でも多くを占め、全頭痛の75~80%ともいわれるぐらい頻度の高い頭痛で、様々な検査をしても明確な原因が見つからない場合ほとんどが緊張型頭痛タイプと考えられ、首の筋肉が硬くなることによって頭痛が引き起こされる疾患です。首の筋肉が硬くなる理由の代表的なものがストレートネック顎関節症自律神経失調症です。

 緊張性頭痛は、長時間座っている事務職・タイピスト・運転手などの職業の方に多く発症します。このような職業の方は、猫背になっていることが多く、首や肩に非常に強い負担がかかります。この負担が筋肉に強い疲労を溜めてしまい、首や肩、頭の血流が悪化し頭痛が発生します。また、合わない枕や目の酷使、ストレスが関与する頭痛とも考えられています。

 頭痛の特徴として、はちまきを強く巻いたような締め付けられる鈍い痛みや、常にヘルメットをかぶっているような重い感じを感じることが多くあります。鋭いズキズキするような頭痛はあまり認められません。頭痛が起こる場所としては後頭部が多く、悪化すると頭全体どこでも起こります。また、頭痛が強い状態では、吐き気やめまいを伴う事があります。頭痛の起こる時間帯は、朝より疲れがたまってきた夕方に頭痛が強まる特徴があります。

 緊張性頭痛の初期は、疲れの溜まった夕方だけの痛みなので我慢して生活する方が多くいらっしゃいます。ですが、進行すると徐々に頭痛の頻度は増え始め、持続時間も長くなり、最終的には頭痛が1日中続くということもあります。このような状態になると、少し休憩したぐらいでは頭痛が取れない事がほとんどです。

痛みどめ

 頭痛が1日中続くようになってしまうと、我慢できなくなり”痛み止めの薬”を飲む方も増えてきます。ですが、痛み止めの薬は頭痛を感じにくくするだけで、根本的な原因がよくなるわけではありません。 また、薬には必ずといっていいほど強弱はありますが副作用があります。副作用が少ない薬であっても、継続して積み重ねていくと大きな副作用となることも考えられます。

 緊張性頭痛はマッサージをしたり薬を飲んでも、一時的な症状の改善にしかならず時間が経過するとまた頭痛が現れるようになります。緊張性頭痛の原因となっている筋肉や姿勢・骨格バランスを改善し、頭痛を改善していきませんか?

当院では今までの緊張型頭痛・偏頭痛に対する治療経験から整体療法・鍼灸治療などの最善の方法で治療を行い、症状の早期回復のサポートをいたします。

www.nomuraseikotuin.com

緊張性頭痛って何?

 筋緊張性頭痛は頸や肩の筋肉が硬くなることによって起こる頭痛で、 『肩が凝って頭が痛い』実はこれが緊張性頭痛です。この緊張性というのは、筋肉が緊張した状態=凝り固まってしまった状態です。

 筋緊張性頭痛の原因となる筋肉は、首や肩の筋肉が影響していることが多く、特に頭を支える筋肉である後頭下筋群と呼ばれる大後頭直筋、下後頭直筋、上後頭斜筋、下後頭斜筋が硬くなることによって緊張性頭痛を引き起こしている事がほとんどです。

デスクワーク


 上記の筋肉を硬くし緊張性頭痛を起こしやすい姿勢がデスクワークの方に特に多い座った姿勢です。座っているので見た目上は疲労のたまらないリラックスした状態に見えますが、実際には首~肩・腰の筋肉や背骨に強い負担のかかる姿勢です。また動きも少ないため血流障害を起こしやすい状態とも考えられます。

血液循環の悪い状態になると、筋肉はさらに硬くなってしまい神経の働きを過敏にしてしまいます。これが痛みの引き金となって、後頭部・側頭部・頭頂部・目の奥などに頭痛が起こります。痛みの特徴として、重たい感じやギューッと締め付けられるような痛み・頭に輪っかをはめられているような痛みを感じる方が多くいらっしゃいます。また、中には頭を振ると頭痛がする、めまいがする、吐き気がするまたは吐いてしまうという方もいらっしゃいます。 

 座っている時に顎を突き出してしまっている猫背の姿勢の場合には、背骨の上に頭がない為に頭の重み(男性約6キロ・女性約5キロ)を首~肩の筋肉で支えなければいけません。この負担が筋肉を硬くしてしまい、筋肉内の血液循環を悪くしてしまいます。緊張性頭痛の初期は、筋肉がだんだんと硬くなってくる夕方から夜にかけて症状が現れるのが特徴です。

 その他、自律神経失調症や顎関節症によって緊張性頭痛が引き起こされている場合もあります。このような場合には、夕方以外の時間帯にも頭痛が引き起こされる事があります。

 

 

治療方針

緊張性頭痛治療方針『緊張性頭痛の根本的原因から徹底改善』をモットーに治療を行っています。緊張性頭痛の原因を解剖学・運動学・生理学・東洋医学など、いろいろな方向からみて原因をみつけ、あなたの体に最適な安全性の高い治療を行います。

 緊張性頭痛の場合、初期は夕方の短時間だけ痛みある為

『これぐらいは我慢できる』

『ほっとけばよくなる』

と思っている方も多いのではないでしょうか?また、薬を飲んでごまかしている方も少なくありません。

 

 緊張性頭痛は徐々に状態が悪化する為、治療開始が遅れると頭痛だけでなく吐き気やめまいなどを引き起こしてしまう可能性があります。当院では、緊張性頭痛に対して、”根本的な原因から改善”をモットーに治療しています。

緊張性頭痛を感じたら、1日でも早く治療を開始する事をお勧めします。

緊張性頭痛治療に当院を選択する3大メリット

.緊張性頭痛の状態がわかります。
 緊張性頭痛になってしまった原因を姿勢と筋肉・自律神経機能の3パターンから分析し、特に筋肉に対し問題を引き起こす可能性が考えられる原因についてわかりやすく説明します。あなた自身の緊張性頭痛のパターンを理解することによって、有効な治療法や無意味な治療法をあなた自身が判断できるようになります。

.アフターフォローが充実
 緊張性頭痛は筋肉の過緊張が原因で引き起こされる頭痛です。ですが、その筋肉の過緊張を引き起こす要因は、疲労性・骨格性・自律神経性の3種類があります。これらの要因によって日常での対処方法が異なります。当院では治療効果の維持と緊張性頭痛の再発を防ぐため、一人一人にあった体操やトレーニングを提案いたします。

 

.高度な治療技術を提供
2012年8月 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLD AWARD

2015年7月 国連機関WHF(World Human Facility Community)から鍼灸スペシャリスト認定

世界に認められた実力と自負しております。 

 

緊張性頭痛の治療法

整体療法

『今現在の頭痛はそんなに強くないから、頭痛がでなくな

整体療法

るように根本的な治療を受けたい』という方にお勧めです。  

整体療法では、頭痛を引き起こす原因である筋肉のバランスだけではなく姿勢の問題や、背中の筋肉のバランスも同時に改善を目指します。

 特に、緊張性頭痛は猫背の改善が必要となります。その為、猫背の原因とも考えることのできる筋肉のバランスの改善と、背骨の矯正を行う事によって『良い姿勢』を目指します。

 

鍼灸治療

鍼灸治療

『強い頭痛を我慢しながらの生活から解放されたい』             という方には鍼灸治療をお勧めします。  緊張性頭痛は、首と後頭部の境界付近の筋肉が硬くなることによって発症する疾患です。この筋肉は深部に在る筋肉であり、体表から触る事ができない為、鍼灸治療が非常に効果的です。鍼を使って筋肉を緩和されることで緊張性頭痛の原因改善を目指します。

 鍼灸治療の方法としては、西洋医学・東洋医学の方法があります。当院では、緊張性頭痛の治療開始初期は西洋医学的な鍼灸治療によって頭痛の緩和を目指します。

 首の筋肉につくられた頭痛を引き起こす可能性の高いトリガーポイント(痛みの引き金となる部位)治療、東洋医学的鍼灸治療、電気鍼の中で最適な方法を選択して治療を行います。症状に合わせて行いますのでご安心ください。

鍼灸治療のメリット

1.緊張性頭痛を引き起こしている筋肉に直接アプローチ

 緊張性頭痛を起こしている筋肉は体の表面から約3センチ深部にあります。その筋肉に対して鍼で直接治療を行うことが出来るため、周辺の筋肉に対して悪影響を与えることなく症状の改善を目指すことが出来ます。

 一般に行われているマッサージは、緊張性頭痛を引き起こしている筋肉の体表側にある筋肉を通り越して刺激を加えなければなりません。その為、強度の刺激を加えなければならず筋肉の損傷が起こります。繰り返すことによって違う筋肉を傷める原因となります。

 

2.血流の改善

 鍼灸治療の効果の1つに血液循環の改善があります。この効果によって頭痛の改善だけではなく、頸部や肩の筋肉の血流改善、更にはコリの解消につながります。

 

治療料金

整体療法 治療費 6480円

治療内容:緊張性頭痛に影響する、首や肩の筋肉の緊張をマッサージでやわらげます。その後、背骨の骨格バランスの改善と骨盤の矯正治療を行い緊張性頭痛の根本的原因となる猫背の矯正治療を行います。 整体と聞くと「ポキポキ」と矯正するイメージがありますが、当院で行う整体は、ソフトな矯正ですので「ポキポキ」しない方法で行っています。ですから子供から高齢の方まで幅広い世代に矯正できる方法になります。ご安心下さい。

 

鍼灸治療 治療費 6480円

治療内容:緊張性頭痛を引き起こすトリガーポイントに治療を行い頭痛の原因改善を目指します。

Trigger=引き金、Point=点、という【痛みの引き金となる点】という意味になります。 トリガーポイントは痛みが出ているところとは別の所が引き金となって痛みが現れます。緊張性頭痛も首の筋肉の問題が頭痛を引き起こします。

トリガーポイントによる痛みは、血液検査やMRI、レントゲンなどの検査で見つけることは難しいです。そのため病院では原因不明の痛みとして痛み止めが処方される程度の処置が行われます。

 

 ※初診時には、初診料が別途3240円必要です。

 ※担当の先生に希望がありましたら、お電話の際にお伝えください。

 ※院長がご希望の場合には別途1080円必要です。

 

information

 大阪府大阪市淀川区の東洋医学治療センター(野村鍼灸整骨院併設)です。最寄駅は、新大阪駅で徒歩8分です。当院は厚生労働省認可の治療院で、鍼師・灸師・柔道整復師の国家資格所持者による治療を行っております。
 当院は日本で唯一のアメリカ合衆国大統領からGOLD AWARD、国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定、さらにUniversity of Williamsburgから東洋医学に関する学位を取得した治療院です。

 プロの治療によって、安全・安心に緊張性頭痛の症状改善をサポートします。
西洋医学的な治療では無理と言われあきらめていた方の症状が、東洋医学的な治療によって改善する事も多くあります。
あなたの症状に応じて東洋医学治療や整体療法を使っています。もし不安や、心配なことがあれば遠慮なくお伝えください。
できる限りご要望に応じて、治療を進めてまいります。

一緒に快適な日常生活を取り戻しましょう。

 

 世界に認められた実力で緊張性頭痛の症状改善をサポートいたします。

2012年アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLD AWARD

2015年 国連機関WHFから鍼灸スペシャリスト認定

院名:東洋医学治療センター

住所:大阪市淀川区西宮原1-6-36

   最寄り駅 新大阪駅

   地下鉄御堂筋線:新大阪駅の2番出口が最も近いです。

電話:080-6224-4693

大阪市淀川区新大阪周辺地図

新大阪から当院までの地図

頭の凝りを解消しよう!

頭の凝り 凝り(こり)というと肩こりや首こりの イメージが強いと思いますが、首や肩と同様に頭の筋肉にも凝り(こり)の症状が現れます。頭頂部に筋肉はなく、頭の凝りは後頚部・側頭部・顔面の筋肉が凝ることによって引き起こされます。 頭の凝りは何らか…

薬物乱用性頭痛

頭痛薬を服用しすぎた副作用として頭痛が現れる事があります。薬物乱用性頭痛と呼び、改善するためには薬以外の方法で治療を行う必要があります。治療がご希望の方は大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターにお任せください。

緊張性頭痛の症状

緊張性頭痛の症状 緊張性頭痛の特徴やそれに付随した他の症状がみられます。それを以下に述べますので参考にしてください。 夕方になると頭が痛い 緊張性頭痛の特徴として、初期は朝には頭痛はほとんどなく夕方になると頭痛が起こるのが特徴です。夕方になる…

緊張性頭痛とストレス

緊張性頭痛とストレス 緊張型頭痛はストレスによって引き起こされてしまうことがあります。ストレスの原因は大きく2つに分ける事が出来ます。それは”精神的”と”身体的”なものになります。 精神的なストレス 精神的なストレスとして、社会的ストレスと心理的…

緊張性頭痛は早期治療開始が重要

緊張性頭痛は早期治療開始が重要 緊張型頭痛の場合には、治療の開始が遅れる傾向があります。そこで、緊張型頭痛の治療が1日でも早い方が良い理由をご紹介いたします。 『緊張型頭痛の治療を受けるのは1日でも早い方が良い』と当院では考えています。理由は…

後頭部の頭痛

後頭部の頭痛 デスクワークの方に非常に多い頭痛。その中でも特に多いのが後頭部の頭痛です。『後頭部が痛い』、『首から後頭部が締め付けられるような感じ』など体験したことがある方が多いのではないでしょうか? この後頭部の頭痛が起こる方には共通した…

はちまきで締め付けられるような頭痛

はちまきで締め付けられるような頭痛 緊張性頭痛の典型的な頭痛パターンとして”はちまきで締め付けられるような頭痛”があります。このページでははちまきで締め付けられるような頭痛について解説します。 なぜ、はちまきで締め付けられるような頭痛? 緊張性…

顔面神経麻痺の治療

顔面神経麻痺の治療を行う大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターです。アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLD AWARD、国連機関WHFから鍼灸スペシャリスト認定。顔面神経麻痺の治療は当院にお任せください!

緊張性頭痛のチェックリスト

緊張性頭痛治療を行う大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターです。緊張性頭痛の症状チェックリストとそれぞれの症状の特徴をご紹介いたします。

緊張性頭痛のセルフケア

緊張性頭痛のセルフケア 頭痛を減らすための日常生活での注意点 1.日常生活リズムを整えましょう。 自律神経失調症から起こる頭痛は、日常生活が崩れると悪化する傾向があります。食事のリズム・寝る時間などを安定させるだけで、頭痛が改善することがあり…