2012年8月 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLDAWARD

2015年7月 国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定

世界に認められた実力で症状改善をサポートいたします!

腰痛を引き起こすリスクが高い原因とは?

腰痛の原因

腰痛を引き起こす状況

身体のゆがみ

 腰痛は『急に発症した』と考えられがちですが、ほとんどの症例で急な発症ではなく慢性的な経過をたどっています。例えば、筋肉性の腰痛を考えてみましょう。最初は、身体を動かすことで腰の筋肉に疲労が溜まります。その疲労も最初は少し休憩をとることで回復しますが、疲労も徐々に取れにくくなります。そうすると筋肉が硬くなり筋肉内の血管を圧迫、筋肉には老廃物が溜まります。この状態が継続すると身体にはゆがみが作られます。

 この時点で痛みが現れるようになります。ただし、この時は軽微な痛みである事がほとんどです。その為、痛みを我慢しながら通常通りの生活を送ってしまい、軽微な痛みからだんだんと強い痛みになってしまいます。

 このような筋肉に問題が起こるのも根本的な原因は、身体のアンバランスと考えられます。

1.不良姿勢

不良姿勢

 普段の生活のクセや姿勢の悪さから、反り腰や背骨・骨盤の歪みが起こり椎間板に過剰な力が加わわります。その力に椎間板が耐えきれなくなった時に腰痛が発症します。

 姿勢の悪さが原因で腰痛が起こっている場合には、初期は筋肉性の腰痛である事が多く、進行するとともに背骨や骨盤等の関節に起因する腰痛に移行します。悪化すると、神経症状(足に痺れや脱力感など)が起きることもあります。

2.椎間板の老化

椎間板の老化

 椎間板は水分を大量に含んだ髄核と呼ばれるゼリーのようなものが、その周囲を線維輪と呼ばれる膠原線維でできた組織で覆われて構成されます。膠原線維とは、皮製品の皮のような物です。この線維輪は20歳を過ぎた頃からだんだんと弾力性がなくなり、古いゴムのようになり様々な方向からの力に耐える事ができなくなります。そうすると、ちょっとした衝撃や圧迫にも耐えきれなくなり椎間板の線維輪が断裂し、髄核が外に出ることがあります。これを『椎間板ヘルニア』と呼び強い腰痛を引き起こします。

3.体をひねる激しい運動

ゴルフ

 ゴルフやバスケットボールのような前傾姿勢のスポーツでは、前かがみによる縦の圧力とひねりによる横の力が椎間板にかかります。この力は椎間板にとって非常に強いストレスとなり、激しい腰痛を起こすきっかけとなることがあります。その為、身体をひねるような動きは、椎間板ヘルニアが起こる可能性の高い動作です。

4.座ることの多い仕事

 デスクワーク仕事や運転中の座っている姿勢は、一見楽な姿勢のように見えますが、腰にとっては負担の大きな姿勢です。特に、デスクワークの際に座った時正面を向かず体をひねるような姿勢の場合、腰にかかる負担はさらに強まり腰回り組織損傷が起こりやすくなります。

 座った状態は腹筋の筋力低下を引き起こしやすく、腹筋の筋力低下によっても腰痛が起こりやすくなります。さらに、臀部の筋肉は常に体重を受けているために、血流の悪化が起こり、筋肉内の栄養不足に陥り筋肉が痩せてしまいます。このような事が合わさって腰痛が強まったり、梨状筋症候群が発症して改善しにくくなります。1時間に1回は立ちあがったり、腰を動かすようにストレッチすることが予防に繋がります。

5.頻繁に強い負荷が腰に加わる

持ち上げる時の腰痛

 1日に何度も重たいものを持ち上げる作業を繰り返す場合には、腰に強い負担がかかります。この時に『どのようにして重たいものを持ち上げるか?』が重要になります。例えば、膝を
曲げて持ち上げる場合腰にはそんなに強い負担はかかりません。ですが、膝を伸ばした状態で持ち上げる動きは腰にとって強い負担となります。いわゆる「ぎっくり腰」を引き起こす可能性が高い動作になります。

 

 information

腰痛の治療を行う大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターです。最寄り駅は新大阪駅で徒歩約10分です。2012年アメリカ合衆国GOLD AWARD、2015年国連機関WHFから鍼灸スペシャリスト認定を受けた日本で唯一の治療院です。

・腰痛の根本から治療を受けたい!

・少しでも早く腰痛を改善したい!

このような方は大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターにお任せください!これまでの数多くの相談を受け腰痛治療によって、腰痛の改善と多くの笑顔を見てきた治療のプロにご相談ください。腰痛治療の経験から身体の状況に合った治療法を提案いたします。治療を行うのは身体の構造や運動、東洋医学を熟知した鍼灸師の国家資格を所持する治療のプロです。プロの治療によって安心・安全に腰痛の改善をサポートいたします。

 

受付時間
10:00~21:30 /

・土曜診療は8:30~16:30
・日曜診療は8:30~19:00
・完全予約制
・休診日:水曜日・祝日

ご予約はお電話で承っております。

TEL:080-6224-4693

お電話をお待ちしております。

 

制作者 野村 繁樹
国家資格:柔道整復師・鍼師・灸師

2003年に大阪市淀川区に鍼灸整骨院を開業。専門は漢方医学・東洋医学
2012年 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLD AWARD
2015年 国連機関WHFから鍼灸スペシャリスト認定

 

 世界に認められた実力で腰痛の改善をサポートいたします。

2012年アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLD AWARD

2015年 国連機関WHFから鍼灸スペシャリスト認定

院名:東洋医学治療センター

住所:大阪市淀川区西宮原1-6-36

   最寄り駅 新大阪駅

   地下鉄御堂筋線:新大阪駅の2番出口が最も近いです。

電話:080-6224-4693

大阪市淀川区新大阪周辺地図

新大阪から当院までの地図