2012年8月 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLDAWARD

2015年7月 国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定

世界に認められた実力で症状改善をサポートいたします!

仙腸関節捻挫

仙腸関節捻挫TOP

仙腸関節捻挫

仙腸関節

 仙腸関節捻挫は、身体をひねってしまったり不意な体重のかけ方で発生するぎっくり腰の一種です。仙腸関節捻挫では、骨盤を構成する靭帯や腱が損傷され炎症が起こり仙腸関節面の動きが制限される事が多くあります。

仙腸関節が動かなくなる状態は、例えばドアの引き戸が外れてしまい、引き戸が動かなくなった状態に似ており、亜脱臼したようなもので炎症が引いても痛みが長期にわたり残る場合もあります。ぎっくり腰は通常1~2週間で症状がほぼ改善しますが、仙腸関節捻挫によるぎっくり腰の場合には1か月以上必要な事もあります。

時間とともに関節のズレや、歪みにも慣れてきますので痛みは分からなくなりますが正常な歩き方ができなくなったり、腰が伸びなくなったりして不快な症状が残ります。このような状態を放っておくとぎっくり腰が再発しやすくなります。仙腸関節捻挫を起こした方の30%程度が第5腰神経への刺激によって、腰部の広範囲にわたる鈍痛が伴います。

 仙腸関節捻挫の痛みは腰に限局し、下肢へのシビレ、痛みは伴うことはありません。また女性は出産後に骨盤が広がるため仙腸関節痛が多く、また生理前後は女性ホルモンの影響で骨盤関節の靭帯が弛むため腰痛やおしり周囲の痛みがおこりやすくなります。

仙腸関節捻挫の原因

●急性仙腸関節捻挫

 重たい物を持って体を捻ったり中腰での長時間の作業などで、仙腸関節や靱帯に過剰な負荷が掛かってしまい関節や靱帯・周囲の筋肉に炎症を起こして、痛みが発生します。この時の痛みは強く、痛む側の足で立つと、腰部~おしりに痛みを感じます。痛める時は片側だけの場合が多く両側の場合は少ない傾向にあります。

●慢性仙腸関節捻挫

骨盤のゆがみ

 長期間にわたって同側片足の体重荷重や立ったままの姿勢・歩行・同一側の足組みなどで仙腸関節の位置が左右で違い歪みが現れます。これにより負荷が掛かった側の仙腸関節に痛みが発生します。また、肥満や腰部の前弯が強い人(反り腰)、妊婦など仙腸関節に体重が不自然に掛かることで痛みを起こります。

 痛みは鈍痛で、長期間にわたって痛みが出たり出なかったりと操り返すことが多いです。放っておくと鈍痛は強くなり、堪え難い重苦しさをもたらします。また慢性期の場合、両側の仙腸関節や腰のベルトより上の筋肉が痛むこともあります。

 慢性仙腸関節捻挫は仙腸関節炎と症状が似ており鑑別がむつかしい場合もあります。

 

仙腸関節捻挫治療

鍼灸治療

鍼灸治療は当院が自信を持ってお勧めする治療法です。

仙腸関節炎の鍼灸治療

 急性仙腸関節捻挫は、痛みが強く日常生活に問題を起こす可能性の高い症状です。その為、痛みの軽減を第一に治療を行います。鍼灸治療の特性として、痛みやシビレを軽減させる能力が高いことがあげられます。この特性を生かし、仙腸関節捻挫の痛みを和らげます。

 鍼灸治療は、東洋医学概念を基本に西洋医学の良いところやこれまでの仙腸関節捻挫の治療経験を取り入れ、仙腸関節捻挫の状況に合わせて、東洋医学的鍼灸治療・電気鍼・トリガーポイントの中で最適な方法を選択して治療を行います。

 仙腸関節捻挫治療で使用する鍼(はり)は太さが0.2㎜前後の髪の毛と同じぐらいの太さの針を使用します。また、当院で使用する全ての鍼は日本製の1本1本使い捨ての鍼です。ご安心ください。

 

仙腸関節捻挫の整体療法

仙腸関節炎の整体療法

 整体療法では、骨盤のゆがみが原因で発生する慢性仙腸関節捻挫の治療や予防を目的に行います。仙腸関節捻挫後に、長期間軽度の症状が継続している場合や極端に仙腸関節の動きが制限されているような場合にも整体療法が有用です。 

 当院で行っている整体療法は、SOT、アクティベーター、ディバーシファイドテクニックを用いて行います。ただし症状によっては、これら方法の良い点だけを抽出した当院オリジナルの方法を行うこともあります。

 当院で行う整体療法は痛みがなく、すべて医療系国家資格所持者による治療法ですので安全です。ご安心ください。

 

当院で仙腸関節捻挫治療を受けるメリット

『仙腸関節捻挫の治療をどこで受けたらいいのかわからない』、『東洋医学治療センターで治療を受けるメリットは?』と思われている方も多いと思います。 当院で治療を受けるメリットの御紹介いたします。

1.仙腸関節捻挫の原因がわかります。

 腰の状態が、どのようになってるか原因を骨格模型などを使ってわかりやすく説明します。 仙腸関節捻挫の場合、痛みの原因が不明確になっていることが多くあります。当院ではそのようなことはせず、痛みの原因となっている可能性のある場所を明確にします。痛みの原因が明確になる事によって、今現在の腰痛を効果的に改善する事ができます。

 

.アフターフォローが充実

ストレッチ

 仙腸関節捻挫の再発予防には身体のバランスを整える事が重要です。その為に必要な筋力アップ方法やストレッチを提案いたします。また、慢性仙腸関節捻挫の場合には、仙腸関節の動きを安定させるために骨格矯正が必要になる事もあります。このような場合にも対応可能です。ご安心ください。

 

3.世界に認められた実力で高度な治療技術を提供

2012年8月
 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLD AWARD

2015年7月
国連機関のWHF(World Human Facilty Community)から鍼灸スペシャリスト認定


 これらを受賞しているのは日本で唯一当院だけです。

 

 

仙腸関節炎治療料金

内容 料金
初診料 2160円
東洋医学鍼灸治療 5400円
整体療法 5400円
※初診料は、初診時のみ必要となります。
※痛みの程度が強い場合には鍼灸治療の適応となります。
※院長希望の場合には別途1080円必要となります。ご希望の方はご予約の際にお申し出ください。

 

information

 大阪府大阪市淀川区の東洋医学治療センター(野村鍼灸整骨院併設)です。最寄駅は、新大阪駅で徒歩8分です。当院は厚生労働省認可の治療院で、鍼師・灸師・柔道整復師の国家資格所持者による治療を行っております。
 当院は日本で唯一のアメリカ合衆国大統領からGOLD AWARD、国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定、さらにUniversity of Williamsburgから東洋医学に関する学位を取得した治療院です。

 プロの治療によって、安全・安心に仙腸関節捻挫の症状改善をサポートします。
西洋医学的な治療では無理と言われあきらめていた方の症状が、東洋医学的な治療によって改善する事も多くあります。
あなたの症状に応じて東洋医学治療や整体療法を使っています。もし不安や、心配なことがあれば遠慮なくお伝えください。
できる限りご要望に応じて、治療を進めてまいります。

一緒に快適な日常生活を取り戻しましょう。

受付時間
10:00~21:30

/

・土曜診療は8:30~16:30
・日曜診療は8:30~19:00
・完全予約制
・休診日:水曜日・祝日

ご予約はお電話で承っております。

TEL:080-6224-4693

お電話をお待ちしております。

 

制作者 野村 繁樹
国家資格:柔道整復師・鍼師・灸師

2003年に大阪市淀川区に鍼灸整骨院を開業。専門は漢方医学・東洋医学
2012年 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLD AWARD
2015年 国連機関WHFから鍼灸スペシャリスト認定

 

 世界に認められた実力で仙腸関節捻挫の症状改善をサポートいたします。

 

院名:東洋医学治療センター

住所:大阪市淀川区西宮原1-6-36

   最寄り駅 新大阪駅

   地下鉄御堂筋線:新大阪駅の2番出口が最も近いです。

電話:080-6224-4693

大阪市淀川区新大阪周辺地図

新大阪から当院までの地図