2012年8月 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLDAWARD

2015年7月 国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定

世界に認められた実力で症状改善をサポートいたします!

変形性膝関節症の治療

変形性膝関節症治療TOP

変形性膝関節症治療は大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センター

変形性膝関節症による痛み

 変形性膝関節症でお困りの方が40歳以上の女性に急増しています。

割合として

 40歳~50歳で15%

 50歳~60歳で25%

 60歳~70歳で40%

 70歳以上で60%の方が変形性膝関節症で日常生活に問題が起こっているといわれています。この割合は、変形性膝関節症によって実際に日常生活に問題が起こっている方の割合であり、変形性膝関節症の発症自体はもっと多いと考えられます。

 このように多くの方がお困りの変形性膝関節症ですが、実際に治療を行っているというよりは対症療法がほとんどであり、治療を受けながら症状が徐々に進行する事がほとんどです。もちろん変形性膝関節症が起こると、膝の変形自体を改善する事は困難です。ですが変形性膝関節症に関連する筋肉のバランスを改善する事によって痛みは改善します。

 変形性膝関節症による痛みと”上手に付き合う”という考え方を変え、楽しい日常生活を送りませんか?

変形性膝関節症の原因

変形性膝関節症の症状

変形性膝関節症治療の考え方

 変形性膝関節症が起こる主な原因は大腿部の筋肉と重心位置の異常にあります。当院では、大腿部の筋肉の問題を改善する事によって変形性膝関節症の痛みの改善を目指します。

 大腿部の筋肉の問題とは筋力低下や大腿部の内側と外側、前と後の筋力のバランス異常によるものがほとんどです。これらのバランスが乱れる事によって膝を支える能力が低下してしまい、その結果として膝の変形が引き起こされます。

 ですが膝が変形したからといって必ず痛みが起こるものではありません。変形性膝関節症によって起こる痛みは、関節の運動がスムーズに行う事ができない事が問題となっています。この関節の運動をスムーズに行う事ができるようにするのが筋肉の役割なのです。

 当院では、変形性膝関節症に関与している筋肉に対して鍼灸治療を行う事によって、筋肉の柔軟性の向上と血流の改善をはかり痛みの改善を目指します。その結果、痛みを止めるだけでなく他の関節に対する負担を下げ、周囲の関節損傷などの合併損傷を防ぎます。

 痛みの軽快に伴い、再発防止を目的に歩き方の見直しを行い、重心位置の正常化により変形性膝関節症による痛みの再発防止を目指します。

 変形性膝関節症の治療法

 当院での変形性膝関節症の治療法には、鍼灸・テーピング治療・AKA(関節運動学的アプローチ)・カイロプラクティック療法・運動療法があります。

・軽度から中等度:整体療法・テーピング療法・運動療法

・中等度から重度:鍼灸治療・テーピング治療

・変形性膝関節症の予防には、テーピング療法を行っています。

 変形性膝関節症の原因は、『筋力低下』、『筋力バランス異常』、『歩き方などのフォーム異常』の3つのパターンで起こります。

 当院では、これらの状態に合わせて最適な治療法を選択いたしますのでご安心ください。また『このような治療が受けたい』というようなご希望がある場合にはご相談ください。

当院で変形性膝関節症治療を受けるメリット

 

変形性膝関節症に対する治療頻度

 基本的な治療間隔は、初期は3日に1回のペースで治療を行います。この間隔を約5回繰り返します。その後5日に1回のペース、1週間に1回のペースと徐々に間隔をあけます。

 最終的には、治療を行わなくても痛みが発生しない状態を目指します。

 

変形性膝関節症の治療料金

鍼灸治療

鍼灸治療      4320円

  鍼灸治療の特徴は、中度~重度の痛みを伴う変形性膝関節症でも痛みの緩和を早期に実現できる事です。当院で行っている変形性膝関節症に対する鍼灸治療は、東洋医学的鍼灸治療・電気鍼・トリガーポイント療法を行っています。膝の状況に合わせて最適な方法を選択いたしますのでご安心ください。

 トリガーポイント療法の目的は、変形性膝関節症の原因となっている可能性のある筋肉を緩める目的と痛みの軽減・損傷部位局所の血流改善です。変形性膝関節症による痛みを早期に改善させたいという方にも鍼灸治療はお勧めです。

 当院で使用する鍼は、太さ0.20㎜の日本製の使い捨ての鍼を使用します。鍼灸治療に痛みはほとんどありません。

 

テーピング療法   1080円~2100円

  テーピング療法は、変形性膝関節症の痛みに影響する筋肉の保護やリンパの流れの改善、治療後の良い状態を維持する目的で行います。

 

整体療法      5400円

 整体療法では、大腿部の筋肉をほぐし筋肉の正常な活動ができるように調整します。整体療法では、手技やヒットマッサー(治療器具)を使用して行います。この治療法は、変形性膝関節症の痛みがごく軽度もしくは、変形性膝関節症回復後の予防治療に最適です。中度以上の変形性膝関節症の場合、この治療法では症状改善に時間がかかります。

※初診時には、初診料が別途2160円必要です。

※院長希望の場合には別途1080円必要です。ご希望の場合には、お電話でご予約の際お申し出下さい。

※変形性膝関節症治療に健康保険の適応はできません。

 

変形性膝関節症セルフケア

筋力強化 

筋力強化

 変形性膝関節症にならない為には筋力強化が欠かせません。特に強化しなければならない筋肉として、大腿四頭筋・大腿二頭筋・内転筋・前脛骨筋・後脛骨筋・ヒラメ筋・腓腹筋・足底筋等があります。これらの筋肉を強化する事によって歩く時のフォームが安定し、膝の痛みを解消する事が可能となります。 ただし、どこの筋肉の強化が必要なのかは人それぞれで違います。そのため、運動方法に関しては今現在のあなたの膝の状態に合わせてメニューをつくる事をお勧めします。詳しくは専門家にご相談ください。

 

筋肉の柔軟性

ストレッチ

 運動を行う上で軟らかい筋肉が絶対条件となります。筋肉が硬い場合には、新たな故障にも繋がる可能性も考えられます。その為、日頃からストレッチを行う事が重要です。ストレッチを行う際には、下肢の筋肉だけではなく腰の筋肉も含め全身の筋肉をしっかりと行うようにしましょう。

 

シューズ

 靴は非常に重要です。変形性膝関節症でお困りの方の多くは、『軽い靴』を選ばれています。ですが、軽い靴とは、靴の構成要素で必要なものを取り除くことで軽くなっていることも少なくありません。そのためクッション機能が悪くなり、足への負担も大きくなります。また、ご自身の歩く癖から靴の踵の外側が減ってしまっている靴を履いている方もいらっしゃいます。このような靴は膝に悪影響を及ぼしてしまう可能性があります。しっかりとクッションがあり、尚且つ靴の底がすり減っていないものを使用するようにしてください。

 

アイシング

 運動後にアイシングを行う事は変形性膝関節症を予防する上で重要です。特に普段行っている運動よりも強度が強い場合や長時間運動した場合には、必ずアイシングを行うようにしましょう。また、腫れや赤みが出ているような場合にも、アイシングは有効なことがあります。

 

その他

 足の裏を見て魚の目やタコができている場合には注意が必要です。特に第2・3指の付け根や第5指の付け根に魚の目やタコができている場合には歩行の際のフォームの乱れや重心位置の乱れがある事が考えられます。このような状態は、変形性膝関節症だけではなく様々な障害を起こしやすくなります。

 

膝に水がたまった時の正しい対処法

 

変形性膝関節症の治療がご希望の方へ

 変形性膝関節症は、ここまでご説明した通り筋力低下と重心バランスの位置異常が問題となって発症しています。その為、治療を受けるだけで改善するということはありません。実際に、変形性膝関節症になってしまった方の多くが様々な治療を受けています。(実際には、マッサージを受けるやシップを貼るなどの治療と言えないようなことも多いのが現実ですが・・・。)そして、改善することなく症状が悪化し歩行困難に陥っています。

 痛みをごまかすだけの治療は何の意味もありません。その為、当院で変形性膝関節症の治療がご希望の方にはご自身でも筋力強化に対する努力をしていただきます。自己努力なしで変形性膝関節症の改善はありません。

 その為、努力を行う覚悟がある方以外の変形性膝関節症の治療は行いません。

information

 大阪府大阪市淀川区の東洋医学治療センター(野村鍼灸整骨院併設)です。最寄駅は、新大阪駅で徒歩8分です。当院は厚生労働省認可の治療院で、鍼師・灸師・柔道整復師の国家資格所持者による治療を行っております。
 当院は日本で唯一のアメリカ合衆国大統領からGOLD AWARD、国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定、さらにUniversity of Williamsburgから東洋医学に関する学位を取得した治療院です。

 プロの治療によって、安全・安心に変形性膝関節症の改善をサポートします。
西洋医学的な治療では無理と言われあきらめていた方の症状が、東洋医学的な治療によって改善する事も多くあります。
あなたの症状に応じて東洋医学治療や整体療法を使っています。もし不安や、心配なことがあれば遠慮なくお伝えください。
できる限りご要望に応じて、治療を進めてまいります。

一緒に快適な日常生活を取り戻しましょう。

受付時間
10:00~21:30 /

・土曜診療は8:30~16:30
・日曜診療は8:30~19:00
・完全予約制
・休診日:水曜日・祝日

ご予約はお電話で承っております。

TEL:080-6224-4693

お電話をお待ちしております。

 

制作者 野村 繁樹
国家資格:柔道整復師・鍼師・灸師

2003年に大阪市淀川区に鍼灸整骨院を開業。専門は漢方医学・東洋医学
2012年 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLD AWARD
2015年 国連機関WHFから鍼灸スペシャリスト認定

 

 世界に認められた実力で変形性膝関節症の症状改善をサポートいたします。

2012年アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLD AWARD

2015年 国連機関WHFから鍼灸スペシャリスト認定

院名:東洋医学治療センター

住所:大阪市淀川区西宮原1-6-36

   最寄り駅 新大阪駅

   地下鉄御堂筋線:新大阪駅の2番出口が最も近いです。

電話:080-6224-4693

大阪市淀川区新大阪周辺地図

新大阪から当院までの地図