2012年8月 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLDAWARD

2015年7月 国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定

世界に認められた実力で症状改善をサポートいたします!

緊張性頭痛のセルフケア

緊張性頭痛のセルフケア

緊張性頭痛のセルフケア

 頭痛を減らすための日常生活での注意点

.日常生活リズムを整えましょう
 自律神経失調症から起こる頭痛は、日常生活が崩れると悪化する傾向があります。食事のリズム・寝る時間などを安定させるだけで、頭痛が改善することがあります。日常生活のリズムを整えるように心掛けましょう。

 

.禁煙しましょう
 タバコは、全身の血液循環を悪くしてしまいます。血液循環が悪くなると、自律神経の働きが悪化し頭痛が悪化する可能性があります。できるだけ禁煙する事をお勧めします。 

 

.コーヒーの飲みすぎに注意しましょう
 コーヒーの中には、カフェインが含まれています。カフェインは、交感神経を興奮させてしまう可能性があります。興奮した状態というのは、自律神経失調症によって起こる頭痛の場合、頭痛を悪化させてしまう可能性があります。

 

.お酒は控えめにしてください
 お酒は、睡眠を浅くしてしまいます。その為、睡眠をとったにもかかわらず起きても疲れが取れないといった症状が出ることがあります。また、利尿効果が高いため寝ているときにトイレで起きてしまい睡眠不足になってしまうことも考えられます。
 また、アルコールは興奮作用が強い飲み物でもあります。自律神経の働きを整えるために禁酒が理想的です。

 

.適度な運動をしましょう
 適度な運動を行うことで、ストレスをやわらげることができます。自律神経失調症から起こる頭痛はストレスによって引き起こされることが多くあります。適度な運動を心がけましょう。


 運動といっても、無理な運動を行う必要はありません。もっとも手軽な運動としてウォーキングをお勧めします。歩くときのコツとして、速く歩く必要はありません。ゆっくりとリラックスした状態で歩くことが理想的です。

 

緊張性頭痛関連動画

頭痛にストレッチは意味がない?

頭痛の現れ方からわかる事

寝すぎて頭痛が起こる理由

緊張性頭痛治療TOP

www.nomuraseikotuin.com

 

information

 大阪府大阪市淀川区の東洋医学治療センター(野村鍼灸整骨院併設)です。最寄駅は、新大阪駅で徒歩8分です。当院は厚生労働省認可の治療院で、鍼師・灸師・柔道整復師の国家資格所持者による治療を行っております。
 当院は日本で唯一のアメリカ合衆国大統領からGOLD AWARD、国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定、さらにUniversity of Williamsburgから東洋医学に関する学位を取得した治療院です。

 プロの治療によって、安全・安心に緊張性頭痛の症状改善をサポートします。
西洋医学的な治療では無理と言われあきらめていた方の症状が、東洋医学的な治療によって改善する事も多くあります。
あなたの症状に応じて東洋医学治療や整体療法を使っています。もし不安や、心配なことがあれば遠慮なくお伝えください。
できる限りご要望に応じて、治療を進めてまいります。

一緒に快適な日常生活を取り戻しましょう。

受付時間
10:00~21:30

/

・土曜診療は8:30~16:30
・日曜診療は8:30~19:00
・完全予約制
・休診日:水曜日・祝日

ご予約はお電話で承っております。

TEL:080-6224-4693

お電話をお待ちしております。

 

制作者 野村 繁樹
国家資格:柔道整復師・鍼師・灸師

2003年に大阪市淀川区に鍼灸整骨院を開業。専門は漢方医学・東洋医学
2012年 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLD AWARD
2015年 国連機関WHFから鍼灸スペシャリスト認定

URL: https://www.nomuraseikotuin.com/headache.html

 

 世界に認められた実力で緊張性頭痛の改善をサポートします。

2012年アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLD AWARD

2015年 国連機関WHFから鍼灸スペシャリスト認定

院名:東洋医学治療センター

住所:大阪市淀川区西宮原1-6-36

   最寄り駅 新大阪駅

   地下鉄御堂筋線:新大阪駅の2番出口が最も近いです。

電話:080-6224-4693

大阪市淀川区新大阪周辺地図

新大阪から当院までの地図