2012年8月 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLDAWARD

2015年7月 国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定

世界に認められた実力で症状改善をサポートいたします!

逆子:すぐに出来る対策

f:id:oosakatoyomedicine:20181216100505j:plain

逆子治療は大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センター

 逆子体操以外に何か出来る事は無いかな?とお考えの方も多いと思います。しかし、何をして良いか困っている方が多いのが実際だと思います。そこで、逆子に対して出来る日常生活での対策をご紹介いたします。

身体を温める

 冷えは逆子になる原因の一つと考えられています。その為、なるべく冷えに対する対策をした方が良いです。特に足が冷えてしまうと足先で血液が冷やされてしまいます。その冷えた血液がお腹の方へと戻るため、赤ちゃんに対しても冷えを起こしてしまいます。出来るだけ足元の冷えにはご注意ください。また、冷え対策としてカイロを貼られている場合がありますが、汗をかくような場合には外すようにしてください。汗をかいてしまうと逆に冷えを作ってしまうため、身体を温める効果がなくなってしまいます。

出来るだけ歩きましょう

 歩くことによって足から振動がお腹に伝わります。この振動がお腹の中にいる赤ちゃんの動きの手助けをしてくる可能性があります。また、歩くことによって足の筋肉が動かされるため冷え対策やむくみの対策にも繋がります。ゆっくりでいいので、時間があれば歩くようにしましょう。ただし、歩いてすぐお腹が張ってしまう場合や坐骨神経痛等の症状があるような場合には無理は禁物です。特に歩いても問題ない場合に行うようにしてください。

腹式呼吸

 腹式呼吸を行う事によってお腹の動きを起こします。腹式呼吸をどのようにして良いか分からない場合には、5秒吸って⇒2秒止めて⇒5秒かけて息を吐くように行ってみてください。この動きも赤ちゃんの動きの手助けになります。お腹を意識しながら行う腹式呼吸は非常に難しいので、無理なく行うようにしてください。

 

 妊娠中の身体の為、出来ることも限られていると思います。また、どこまでして良いのかの判断も非常に難しい場合があります。今回ご紹介した3点は何も必要な物がない為、すぐにでも実践していただける対策です。しかし、歩くこと・腹式呼吸はしんどい場合にはすぐに中止してください。

 

 information

逆子の治療を行う大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターです。最寄り駅は新大阪駅で徒歩約10分です。2012年アメリカ合衆国GOLD AWARD、2015年国連機関WHFから鍼灸スペシャリスト認定を受けた日本で唯一の治療院です。

・鍼と一緒により効率的な逆子治療が受けたい!

・少しでも早く逆子を改善したい!

このような方は大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターにお任せください!これまでの数多くの相談を受け逆子のお灸によって、逆子の改善と多くの笑顔を見てきた治療のプロにご相談ください。逆子治療の経験からあなたの逆子の状況に合った治療法を提案いたします。治療を行うのは東洋医学を熟知した鍼灸師の国家資格を所持する治療のプロです。プロの治療によって安心・安全に逆子の改善をサポートいたします。

 

赤ちゃんはどんどん大きくなります。1日でも早い治療開始をお勧めします。

受付時間
10:00~21:30 /

・土曜診療は8:30~16:30
・日曜診療は8:30~19:00
・完全予約制
・休診日:水曜日・祝日

ご予約はお電話で承っております。

TEL:080-6224-4693

お電話をお待ちしております。

 

制作者 野村 繁樹
国家資格:柔道整復師・鍼師・灸師

2003年に大阪市淀川区に鍼灸整骨院を開業。専門は漢方医学・東洋医学
2012年 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLD AWARD
2015年 国連機関WHFから鍼灸スペシャリスト認定

 

 世界に認められた実力で逆子の改善をサポートいたします。

2012年アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLD AWARD

2015年 国連機関WHFから鍼灸スペシャリスト認定

院名:東洋医学治療センター

住所:大阪市淀川区西宮原1-6-36

   最寄り駅 新大阪駅

   地下鉄御堂筋線:新大阪駅の2番出口が最も近いです。

電話:080-6224-4693

大阪市淀川区新大阪周辺地図

新大阪から当院までの地図