手のしびれ本文へスキップ

手のしびれ 大阪 淀川区

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.080-6224-4693

〒532-0004 大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36

手のしびれ

手のしびれ治療は東洋医学治療センターにお任せください!

 手のしびれはでお困りの方は20代〜40代前半にピークがある神経症状です。手のしびれを起こしやすい方の特徴としては、姿勢が悪い・手をよく使う・血液循環が悪い等があります。手のしびれを起こしやすい原因は、不良姿勢頸部椎間板ヘルニアストレートネック胸郭出口症候群頸肩腕症候群などの体幹の問題によって手のしびれが現れる場合、手の神経が腕で圧迫される正中神経や橈骨神経、尺骨神経領域にしびれが現れる場合、また高血圧糖尿病等の内科疾患によって手のしびれが発症する場合があります。このように発症原因が明確な場合もありますが、原因が不明の場合が多い症状でもあります。手のしびれ

 当院では、手のしびれに対して東洋医学的な治療を行っています。手のしびれでお困りの方、お気軽にご相談ください。
 ※当院で治療を行っている手のしびれは運動器系の問題と神経の圧迫による問題です。内科的な疾患による手のしびれの治療については行っておりません。

手のしびれチェックリスト

 手のシビレの代表的な症状をご紹介いたします。これらの項目に3つ以上あてはまる場合には手に関する神経痛の可能性があります。

.腕の長軸に沿ってビリビリする。
.朝起きた時に手が強ばる事がある。
.腕に鍼を刺されたような感覚になる。
.些細な刺激によって痛みが引き起こされることがある。
.過去に頸椎ヘルニアと診断されたことがある。
.日ごろから猫背で姿勢が悪い。
.肩こりを感じやすい。
.パソコン作業を1日5時間以上行う。
.寒い日や雨の日には神経痛が強く出ることがある(天候に左右されやすい)。
10.月経前後に痛みが現れることがある。
11.過去に交通事故等、強い力による外傷を受けたことがある。
12.慢性的にストレスを感じることが多い。

以上が、手のシビレを引き起こしやすい方の特徴です。
3項目以上あてはまる場合には手の神経痛や胸郭出口症候群の可能性があります。

手のしびれの原因

 手のシビレが現れる時の原因は様々です。そして、その原因によってシビレが現れる時や現れる部位は異なります。その代表的な原因をご紹介いたします。

手のシビレを感じる代表的な疾患
 1.頸部椎間板ヘルニア
 2.胸郭出口症候群
 3.頸部脊柱管狭窄症
 4.手根管症候群
 5.肘部管症候群
 6.頸肩腕症候群
 7.自律神経失調症
 8.Friday Night Syndrome

1、頸部椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアによる手のしびれ 頸部椎間板ヘルニアによって手にシビレが現れるような時には、椎間から現れる各神経の支配領域にだけシビレが現れます。この時にシビレが現れるのは右の図に表されているデルマトームと呼ばれる領域です。このシビレは、首の動きによって強まる事があります。

 そして、この領域を超えてシビレが現れるような場合には、頸部椎間板ヘルニアではなく他の疾患によって神経が圧迫されている事が考えられます。ただし、椎間板ヘルニアによって数か所神経が圧迫されているような場合には広範囲にシビレが現れる事もあります。

2、胸郭出口症候群

 胸郭出口症候群とは、肋鎖症候群、斜角症候群、過外転症候群、頸肋症候群を合わせて胸郭出口症候群と呼びます。これらの症候群は、腕神経叢や鎖骨下動脈を圧迫してしまう事によって発症する症状です。
 肋鎖症候群とは、肋骨と鎖骨の間で圧迫されます。斜角筋症候群は、前斜角筋と中斜角筋の間で圧迫されます。過外転症候群とは、小胸筋と肋骨の間で圧迫されます。頸肋症候群は、生まれ持った奇形の一種で第7頸椎に肋骨がある状態です。その肋骨によって圧迫されてしまいます。
 シビレの範囲は、腕から指先まで広範囲に現れる事が多く、長時間腕を使うようなことができない事もあります。 また、しびれなどの症状は電車のつり革を持つような動作などの腕を挙げたときに強まることも多いです。

3、頸部脊柱管狭窄症

 脳から出てきた神経は、背骨の中を通って腰まで下りていきます。その背骨の中の管を脊柱管と呼びます。頸部脊柱管狭窄症とは、頸椎部分で脊柱管が狭窄してしまう事によって、脊柱管内を走行する脊髄を圧迫してしまい発症します
 脊柱管狭窄症によって脊髄が圧迫されているような場合には、圧迫部位より下の全ての領域に問題が起こる事があります。圧迫が強い場合には手のシビレだけではなく、足のシビレを伴うような事があります。

4、手根管症候群

 手根管症候群とは、手首の部分で手の指を曲げる神経の1つ正中神経が圧迫されることによって発症する疾患です。手根管症候群の原因としては、手の過度の使用やガングリオン、妊娠中のむくみ、人工透析によるアミロイドの沈着などによって発症します。
 手根管症候群の場合には、手の中指を中心に親指側にシビレが現れます。手根管症候群の状態が長期にわたるような場合には、親指の付け根部分の筋肉がやせてしまい、親指の運動がスムーズに行えなくなることもあります。
 手根管症候群によるシビレは、朝目が覚めた時や夜中に寝ている時に強く感じる傾向があります。そして、手を振ると症状が軽減する事もあります。
 手根管症候群と同様に正中神経が圧迫される円回内筋症候群があります。

※手根管
 手根管とは、手根(手首)の手掌側で手根骨と屈筋支帯によって形成されるトンネルのことをさします。手根骨の並びには高低差があり、母指側と小指側が少し高くなっています。それに比べて真ん中部分が低くなっているため全体的に溝ができています。この溝に蓋をするように屈筋支帯がかぶさり手根管が形成されています。
手根管には、正中神経のほかに屈筋腱なども通ります。

5、肘部管症候群

 肘部管症候群とは、肘の部分で神経が圧迫され、手にしびれを引き起こす疾患です。この時圧迫される神経は尺骨神経で、手の薬指と小指にしびれが現れます。そのまま放置しておくと薬指と小指が曲がったままの変形が起こってしまったり、筋肉がやせ細るといった症状も引き起こされます。
尺骨神経は首から出て腕の内側を通ってくる神経です。肘の部分では、骨と靭帯様のバンドに囲まれている肘部管というトンネルの中を走行し、手指の方に向かって走っていきます。肘部管症候群の場合、この肘部管の部分で尺骨神経が圧迫されしびれなどの症状が現れます。

 肘部管症候群が引き起こされる原因として、肘関節の骨折による変形・肘部管周辺にできたガングリオン・肘の使い過ぎによる肘関節の変形などが挙げられます。

 肘部管症候群かどうか検査する方法として、チネルサインがあります。これは、肘の内側部分を叩いたときに痛みやしびれが指先まで現れるかを確認します。普段の痛みやしびれが誘発されるようであればチネルサイン陽性と判断します。また、フローマン兆候テストがあります。患者さんに親指と人差し指で紙を挟んでいただき、紙が抜けないように力をいれていただきます。その際、力が入らないもしくは親指の第一関節を曲げてしまう動きがみられるとフローマン兆候テスト陽性です。

 手にしびれを引き起こす疾患はいくつかあり、肘部管症候群もその一つです。どこで圧迫されているか、どこが問題となっているかをしっかりと判断する必要があります。その為にも、「どこにしびれや痛みが出ているか」を確認しておくことは大切です。

6、自律神経失調症

 自律神経失調症によって血液循環に問題が起こるとシビレが起こる事があります。この場合には、シビレだけではなく他の症状も併発していることも多くあります。

7、その他

 手のしびれは、前腕部や上腕部のトリガーポイント形成・フライデーナイトシンドロームによって起こることもあります。

手のしびれの治療法therapy

 当院では、手のしびれに対して鍼灸治療・整体療法・メディカルオイルセラピーを行っています。このページではそれぞれの治療法の特徴を簡単にご紹介いたします。

手のシビレ治療の適応

・検査を受けたが特に原因が見つからなかった手のシビレ
・頸部椎間板ヘルニアによる手のシビレ
・胸郭出口症候群による手のシビレ
・頸肩腕症候群による手のシビレ
・手根管症候群(円回内筋症候群)
・肘部管症候群
・ギオン管症候群
・えぐられるような痛み、刺されるような痛み、切れるような痛みなどの鋭い痛みの手のシビレ
・その他

鍼灸治療

 鍼灸治療は、当院が自信を持ってお勧めする治療法です。
 手のシビレは、日常生活に問題を起こす可能性の高い症状です。その為、当院では手のシビレを軽減されることを第一に行います。鍼灸治療の特性として、痛みやシビレを軽減させる能力が高いことがあげられます。この特性を生かし、手のシビレや痛みを和らげます。その後、症状が軽減した後に手のシビレが再び起こらないように身体全体のバランスを改善します。この段階では、整体療法がお勧めです。

 当院で行っている鍼灸治療は、東洋医学概念を基本に西洋医学の良いところやこれまでの手のシビレ治療経験を取り入れ、当院オリジナルの方法で行っています。手のシビレ治療で使用する鍼(はり)は太さが0.2o前後の髪の毛と同じぐらいの太さの針を使用します。また、すべての鍼は使い捨ての鍼です。ご安心ください。

 手のシビレはWHO(世界保健機構)が認める鍼灸治療適応疾患で世界が認める鍼灸治療の適応症という事ができます。

手のしびれの状況に合わせて、東洋医学的鍼灸治療・電気鍼・トリガーポイントの中で最適な方法を選択して治療を行います。症状に合わせて行いますのでご安心ください。

整体療法

 軽度の手のシビレの治療や手のシビレ予防、また、姿勢による手のシビレの治療を目的に行います。
 整体療法では、体のゆがみを矯正することによって神経の圧迫を取り除き、またスムーズな血液循環が確保できるように治療を行います。
 当院で行っている整体療法は、SOT、アクティベーター、ディバーシファイドテクニックを用いて行います。ただし症状によっては、これら方法の良い点だけを抽出した当院オリジナルの方法を行うこともあります。
 当院で行う整体療法は痛みがなく、すべて医療系国家資格所持者による治療法ですので安全です。ご安心ください。

自律神経調整療法

 自律神経調整療法では、ストレスが原因となって発症しているような手のシビレの治療を行います。この治療法の特徴は、鍼灸治療とともに磁気の力を用いて治療を行います。

手のシビレ治療料金charge

内容 料金
初診料 2160円
東洋医学鍼灸治療 5400円
整体療法 5400円
自律神経調整療法 5400円

※初診料は、初診時のみ必要となります。
※痛みの程度が強い場合には鍼灸治療の適応となります。
※院長希望の場合には別途1080円必要となります。ご希望の場合にはご予約の際お申し出ください。

 その他

 当院では、基本的に手のシビレの治療を鍼灸治療にて行っております。ですが、症状によっては自律神経免疫療法、上部頸椎矯正などの治療を行うこともあります。最も有効性の高い治療法を選択いたしますのでご安心ください。

 手のしびれのセルフケア

手のしびれでお困りの方がご自宅で行うことのできるセルフケアをご紹介いたします。

体を温める

 身体を温めると筋肉が柔らかくなります。その結果、神経を圧迫してしまっているような筋肉にも柔軟性がつきます。筋肉の柔軟性が付けば、神経の圧迫が取れるために神経痛が軽減します。
 逆に、身体が冷えると筋肉が硬くなり神経が圧迫され神経痛が強まってしまいます。また、神経は寒い環境では、過剰に働く特徴があります。この過剰に働く状況が、神経痛を強める事も考えられます。
 身体はしっかりと温めるようにしましょう。

適度な運動

 運動には、筋力アップを目的に行う運動、柔軟性をつけるために行う運動、体力向上を目的に行う運動など様々あります。神経痛でお困りの方にとって重要なものは、柔軟性をつける事と筋力をつける事になります。
 適度な運動によって、様々な筋肉を使う事ができます。この筋肉活動によって、筋肉には柔軟性がつきます。その結果、神経痛が軽減する事が考えられます。
 ですが、神経痛が強く出ているような時には無理な運動は禁物です。判断が出来ない場合には、神経痛治療を行っている専門家にお尋ねする事をお勧めします。

マッサージ

 筋肉によって、神経が圧迫されてしまっている場合にはマッサージが有効です。特に、神経を圧迫している筋肉を特定してマッサージを行う事によって神経の圧迫をより早く解消する事が出来ます。是非、マッサージを行ってください。
 
 しかし、マッサージを行う際の注意点が3つあります。
@強いマッサージは避ける
 強いマッサージは、筋肉を痛めてしまう可能性があります。痛めなかったとしても筋肉は”攻撃されている”と認識してしまい余計に硬くなってしまう事も考えられます。強すぎるマッサージには注意が必要です。
A長時間のマッサージは避ける
 強いマッサージと同様に長いマッサージも筋肉に過剰な刺激となります。ご注意ください。
Bたたかない
 神経痛がある場合には、たたくようなマッサージは逆効果です。たたくようなマッサージはやめましょう。

よい姿勢

 手のしびれの原因が胸郭出口症候群や頸肩腕症候群、ストレートネック、頸部椎間板ヘルニア等の場合には、姿勢を改善する事が手のしびれの根本からの改善につながります。そして、日頃から良い姿勢を心がけることによって、姿勢を維持するための筋肉の筋力強化もできます。日ごろからよい姿勢を心掛けましょう。

 手のしびれQ&A

.手のしびれ治療に鍼灸治療は絶対に受けなければいけないのですか?
.鍼灸治療が絶対というわけではありません。
  当院では、手技治療・物理療法なども行っています。

.神経痛の治療内容は?
.当院では、神経痛に対して鍼灸治療・整体療法・物理療法を行っています。この治療法の中から、症状に合わせた治療を行っています。その為、この治療を絶対に行うということはありません。

.神経痛の治療期間は?
.症状によって治療期間は様々です。
  治療間隔は、週に1〜2回の治療間隔になることが多いです。

.病院との同時通院は可能ですか?
.当院での治療は、薬は一切使いません。その為病院との同時通院可能です。

.神経痛の治療には予約が必要ですか?
.神経痛治療の場合、専門知識を持ったスタッフの治療が必要となります。その為、治療は予約制です。また、治療担当希望者がある場合には、ご予約の際にご指名ください。

.神経痛の症状は1回で改善されるの?
.神経痛の症状は慢性的な経過を持って起こってきます。そのため、症状の改善にも時間がかかることが多くあります。

.神経痛はどれぐらいでよくなりますか?
.症状や神経痛の原因、神経痛の発症からの経過時間によって異なるため一概にどれくらいということはできません。
 基本的に、軽度の神経痛の場合で2〜3カ月、中度の神経痛の場合で4〜5カ月、重度の場合には半年以上かかる事が多いです。

.神経痛の治療時間はどれぐらいかかりますか?
.神経痛の治療時間は30〜50分前後です。初診時には、問診のお時間が別途かかります。

【手のしびれ治療に御来院いただいている地域】
大阪府大阪市(淀川区・西淀川区・中央区・北区・東淀川区・港区・福島区・都島区・住吉区・大正区)・大阪府吹田市・大阪府豊中市・大阪府茨木市・大阪府池田市・大阪府高槻市・大阪府寝屋川市・大阪府東大阪市・大阪府大阪狭山市
兵庫県尼崎市・西宮市・宝塚市・伊丹市・芦屋市・神戸市・姫路市
奈良県・京都府・岐阜県・和歌山県・岡山県・滋賀県
平成22年1月6日

information

ロゴ大阪府大阪市淀川区の東洋医学治療センターです。最寄駅は、新大阪駅で徒歩8分です。当院は、厚生労働省認可を受け国家資格所持者による治療を行っております。
当院は日本で唯一のアメリカ合衆国大統領からGOLD AWARD、国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定、さらにUniversity of Williamsburgから東洋医学に関する学位を取得した治療院です。

あなたの症状に応じて鍼灸治療、磁気刺激療法、最先端光線療法、超音波療法で手のしびれの症状改善をサポートします。もし不安や、心配なことがあれば遠慮なくお伝えください。
できる限りご要望に応じて、治療を進めてまいります。
一緒に快適な日常生活を取り戻しましょう。

受付時間
10:00〜21:30 /

※日曜診療は8:30〜19:00
・完全予約制
・休診日:水曜日・祝日

野村 繁樹制作者 野村 繁樹
国家資格:柔道整復師・鍼師・灸師

2003年に大阪市淀川区に鍼灸整骨院を開業。専門は漢方医学・東洋医学
2012年 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLD AWARD
2015年 国連機関WHFから鍼灸スペシャリスト認定

URL: https://www.nomuraseikotuin.com/numbness.html

Toyo-medicine東洋医学治療センター

532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36

TEL 080-6224-4693
mail toyo_medicine@ezweb.ne.jp
日曜日も手のしびれの治療を行っております。
最寄駅は新大阪駅で、新大阪駅から徒歩約8分です。

  受付時間
 月  10:00〜21:30
 火  10:00〜21:30
 水  休診日
 木  10:00〜21:30
 金  10:00〜21:30
 土  8:30〜16:30
 日  8:30〜18:30

※完全予約制
※手のしびれ治療のご予約は電話・LINEで受け付けております。
※治療中や往診中には電話に出ることができない場合がございます。そのような場合には、しばらくたってからおかけ直しください。
※当日の予約の空き状況はLINEのタイムラインに記載いたします。(10:00更新)
キャンセルなどでその他の時間に空きが出る場合もございます。お気軽にお問い合わせください。