2012年8月 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLDAWARD

2015年7月 国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定

世界に認められた実力で症状改善をサポートいたします!

腸脛靭帯炎を予防するために!

腸経緯靭帯炎の呼ぶTOP

腸脛靭帯炎の予防

www.nomuraseikotuin.com

腸脛靭帯炎を予防するためには、しっかりとストレッチとウォーミングアップを行ってから運動をする事です。これはどのサイトでも紹介されていると思いますので違う視点でご紹介いたします。

腸脛靭帯炎を予防するには筋力アップが必要になります。腸脛靭帯炎が起こる理由が、ランニング時の体の横揺れによって膝の外側安定性を保っている腸脛靭帯が、大腿骨外側上顆と摩擦を起こし発症することからも体の揺れを抑える筋肉が必要であると考えられます。

最も重要な筋肉は大腿部の内側の筋肉です。腸脛靭帯が外側の安定性を保っても内側の筋肉が弱く支えがければ、車のタイヤが左右のどちらかしかないような状態です。片方のタイヤだけでは走れませんが、もし走れたとしても傾いた状態で走ることになるでしょう。

大腿部の内側の筋肉には内転筋や大腿四頭筋一つ内側広筋があります。このうちまず強化すべきなのは内側広筋です。内側広筋が弱くなると膝関節を最後まで伸ばすことができなくなってしまいます。膝が伸びなければタイヤの大きさが左右で違う車に乗るようなものです。

 

あなたの膝をチェックしよう!

膝を伸ばして長座の状態で座ってください。そして力いっぱい膝を伸ばしましょう。膝の下に手は入りませんか?もし手が入るようであれば膝を伸ばす能力が低下した状態、つまり内側広筋が弱っています。

この状態でランニングを続ければ腸脛靭帯炎だけではなく膝蓋靭帯炎やシンスプリントのような別の疾患を引き起こす可能性もあります。それでは内側広筋を鍛えましょう。

 

筋力アップの方法は簡単です。今チェックを行ったように膝を力いっぱい伸ばすのです。それだけで構いません。この時に動いている実感を感じるために、膝の下に5センチ前後の柔らかい物(例えばタオルを巻いたもの)を置いて潰すように動かすのもよいでしょう。ただし膝の下に入れるものが大きくなったら内側広筋を強化するのではなく大腿直筋を強化することになり目的が変わります。

 

内側広筋が動いているかをチェックするためには膝の内側に力が入っていることを触って確認するとよいでしょう。

文章ではわかりにくいかもしれませんので動画でもご紹介しております。

腸脛靭帯炎の予防だけではなく発症してから回復するための運動としても使うことができる筋トレ法です。ただし炎症が強く起きている腸脛靭帯炎の場合には、炎症が収まってから行うようにしてください。

 

www.nomuraseikotuin.com

information

 大阪府大阪市淀川区の東洋医学治療センター(野村鍼灸整骨院併設)です。最寄駅は、新大阪駅で徒歩8分です。当院は厚生労働省認可の治療院で、鍼師・灸師・柔道整復師の国家資格所持者による治療を行っております。


 当院は日本で唯一のアメリカ合衆国大統領からGOLD AWARD、国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定、さらにUniversity of Williamsburgから東洋医学に関する学位を取得した治療院です。

 

 プロの治療によって、安全・安心に腸脛靭帯炎の改善をサポートします。
西洋医学的な治療では無理と言われあきらめていた方の症状が、東洋医学的な治療によって改善する事も多くあります。
あなたの症状に応じて東洋医学治療や整体療法を使っています。もし不安や、心配なことがあれば遠慮なくお伝えください。
できる限りご要望に応じて、治療を進めてまいります。

一緒に快適な日常生活を取り戻しましょう。

受付時間
10:00~21:30 /

・土曜診療は8:30~16:30
・日曜診療は8:30~19:00
・完全予約制
・休診日:水曜日・祝日

ご予約はお電話で承っております。

TEL:080-6224-4693

お電話をお待ちしております。

 

制作者 野村 繁樹
国家資格:柔道整復師・鍼師・灸師

2003年に大阪市淀川区に鍼灸整骨院を開業。専門は漢方医学・東洋医学
2012年 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLD AWARD
2015年 国連機関WHFから鍼灸スペシャリスト認定

URL: https://www.nomuraseikotuin.com/tractus_iliotibialis.html

 

 世界に認められた実力で腸脛靭帯炎の症状改善をサポートいたします。

2012年アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLD AWARD

2015年 国連機関WHFから鍼灸スペシャリスト認定

院名:東洋医学治療センター

住所:大阪市淀川区西宮原1-6-36

   最寄り駅 新大阪駅

   地下鉄御堂筋線:新大阪駅の2番出口が最も近いです。

電話:080-6224-4693

大阪市淀川区新大阪周辺地図

新大阪から当院までの地図